Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

カテゴリー「19 愛知県」の16件の記事

記憶の旅

幼いころ世界のすべてだったこの町は、いま見るとなんだかちっぽけで古ぼけていた。くる日もくる日も野球に興じた公園は、ピッチャーフライがホームランになるような広さだったし、神社の鬱蒼とした森は、切り開かれて白けた空間になっていた。住んでいた家は人手に渡り、建て直され恥ずかしい色に塗り替えられていた。

20120621_133350

続きを読む "記憶の旅" »

あんかけスパゲッティ

以前はマニアックな店のマニアックな料理だった「あんかけスパゲッティ」だが、いまではすっかり名古屋メシとして定着し、複数のチェーン店が大々的に展開している。

20120621_115012

その名前から想像できる、とろみのあるソースよりも、炒めたもちもち麺が特徴的なスパゲッティだ。茹でた太麺スパゲッティを、さらに油で炒めていて、油まみれの麺と味の濃いどろっとしたピリ辛ソースの組み合わせは、いかにも名古屋って感じである。

しかし、真にカルチャーショックなのは、その傍若無人なメニューである。「ミラネーゼ」と「カントリー」を混ぜ合わせた「ミラカン」が定番メニューだが、それだけ聞いてもどんなものなのかさっぱりイメージがわかない。

他にも「バイキング」だとか「コルシカン」だとか「パンディエラ」だとか、言葉だけではイメージのわかないメニューがいろいろある。

しかしご安心を。メニューは写真付きである。まあそうだろう、写真がなければ意味不明だ。

そしてメニュー写真の、スパゲッティの上にソーセージや揚げ物がどかどかのっかってる写真を見て、さらにカルチャーショックを受けることになる。

「唐揚げ」や「豚キムチ」「エビフライ」なんかは、写真がなくとも意味はわかる。しかし、スパゲティに唐揚げや豚キムチをのっけてしまうってのはどうなのか。需要はあるのだろうか。

見た目のインパクトは「バイキング」か「コートレット」。食べてみたいのは「キャベツベーコン」他にもまだまだ斬新なメニューがたくさんあるのであった。

 
 

どて焼きの店

 四間道のすぐ近く、堀川にかかる五條橋のたもとに、どて焼の看板を出している店があった。

Img_9303

 昼間なので営業はしていなかった。中をのぞいたら、おそらく夜は普通に営業しているだろうと思われた。機会があればぜひ食べに来てみたいものである。

続きを読む "どて焼きの店" »

味噌カツ定食

 味噌カツというのは、名古屋ではどこでも食べられる食べ物である。

 専門店もあるが、どこの食堂にも必ずあるし、喫茶店でも食べられる。喫茶店で食べるには違和感のあるメニューかもしれないが、食べられるところは多い。

Img_0735

 トンカツにソースをかけずに味噌ダレをかけただけなのだが、これが実に郷愁をそそる味なのである。

 名古屋人以外の人がはじめて食べると、味が濃すぎると感じるかもしれない。店によっては甘すぎるところもあるだろう。お気をつけください。

 
 

きしめん is きしめん

 きしめんといえば名古屋名物のあれであるが、きしめんの定義は曖昧なようである。

 乾麺はJASの規格でおおざっぱに太さや平たさが数値化されているが、生麺になると消費者に誤認を与えないような名称でさえあればいいらしい。つまり、なんとなくきしめんっぽかったら、きしめんと名乗ってもいいのだ。これで、東京で食べるきしめんがどれも納得のいかないものばかりな理由もわかる。

 では、きしめんと名乗らなければなんなのか。それは、つまり、うどんである。きしめんもうどんも、小麦粉と塩と水から作られる。その配合はだいたい同じであり、形状もだいたい同じである。うどんと名のつく稲庭うどんより、きしめんのほうがうどんっぽいかもしれない。

Img_0733

 きしめんは、あえてきしめんと名乗らなければうどんなのだ。きしめんはうどんだというのは、名古屋人には衝撃の事実である。それは、ほうとうがうどんだと知らされた山梨人の気持ちに通じるかもしれない。頭では理解できても、心がしっくりこないのだ。

 やはりきしめんはきしめんなのである。

 
 

農村地帯の街道町 - 中小田井

 名古屋城下から北部の岩倉へ通じる岩倉街道。

 その岩倉街道を行き、庄内川を越えたあたりに残るのが中小田井の町並みである。

Img_9354

続きを読む "農村地帯の街道町 - 中小田井" »

武家屋敷町から高級住宅街へ - 白壁

 名古屋市の白壁地区といえば、名古屋の下町で育った私には、超高級住宅街というイメージである。

Img_9347

続きを読む "武家屋敷町から高級住宅街へ - 白壁" »

都会の一角 - 四間道

 名古屋市の中心部、高層ビルに囲まれて、戦災を逃れた古い町並みの残る一角がある。

Img_9317

続きを読む "都会の一角 - 四間道" »

絞り染めの町 - 有松

 名古屋市の中心街から少し外れた郊外に有松の町はある。

 周辺は住宅街として開発されているが、旧東海道沿いには古い町並みが残る。

Img_9264

続きを読む "絞り染めの町 - 有松" »

赤いやつ

 おでんに必ず入っていたあの赤いやつ、そういえば東京では見ませんね。中部地方のスーパーで発見したので買ってきました。

Img_0248

続きを読む "赤いやつ" »

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 北海道 | 02 青森県 | 03 岩手県 | 04 秋田県 | 05 宮城県 | 06 山形県 | 07 福島県 | 08 茨城県 | 09 栃木県 | 10 群馬県 | 11 埼玉県 | 12 東京都 | 13 千葉県 | 14 神奈川県 | 15 新潟県 | 16 長野県 | 17 山梨県 | 18 静岡県 | 19 愛知県 | 20 岐阜県 | 21 三重県 | 22 富山県 | 23 石川県 | 24 福井県 | 25 滋賀県 | 26 京都府 | 27 奈良県 | 28 大阪府 | 29 和歌山県 | 30 兵庫県 | 31 岡山県 | 32 広島県 | 33 鳥取県 | 34 島根県 | 35 山口県 | 36 香川県 | 37 徳島県 | 38 愛媛県 | 39 高知県 | 40 福岡県 | 41 佐賀県 | 42 長崎県 | 43 大分県 | 44 熊本県 | 45 宮崎県 | 46 鹿児島県 | 47 沖縄県 | A. 城下町・陣屋町 | B. 宿場町・街道町 | C. 商人町・在郷町 | D. 産業町・鉱山町 | E. 門前町・寺内町 | F. 港町・漁師町 | G. 農村・山村 | H. 温泉町・観光町 | I. 城跡 | J. 神社・仏閣・宗教施設 | K. 古民家・邸宅 | L. 木造校舎・木造洋館 | M. 祭り | N. 中華街 | O. 現代都市 | P. 廃墟 | Q.遊廓・茶屋街・繁華街 | R. その他の町並み | TREK 8.4DS | ① 奥多摩・高尾・奥武蔵 | ② 奥秩父・大菩薩 | ③ 富士・御坂・都留・道志 | ④ 八ヶ岳 | ⑤ 南アルプス | ⑥ 北アルプス | ⑦ 中央アルプス | ⑧ 上信越 | ⑨ 北関東・尾瀬 | ⑩ 南関東・丹沢 | ⑪ 東北・北海道 | ⑫ 北陸・東海・近畿 | ⑬ 中国・四国・九州 | ⑭ 登山 その他 | カメラ・写真 | ダホン Speed P8 | フィガロ | フェレット | レトロ喫茶 | 夕景・朝景 | 夜景 | 富士山 | 日常 | 東日本大震災 | 生き物 | | 風景 |