Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 1個1000円のケーキ | トップページ | 山中の宿 »

EF24-105mm F4L IS USM

 単焦点好きでズームは一本しか持っていないのですが、それが巨大なEF24-70mmF2.8であり、持ち出すのもおっくうなので便利ズームとしてEF24-105mmF4を購入しました。家族旅行のときに荷物を減らせるし、レンズ交換しなくてもいいようにという理由もあります。

 開放F4というのは少し引っかかりました。F2.8より暗いレンズなんて使ったことありませんし。でも、街並み探訪時には絞って撮影することがほとんどですし、画角的にもこれ一本でまかなえるのではというもくろみもありました。

 Ee-Sをつけているのでどれくらい見にくくなるかと心配していましたが、構図の確認には支障はなさそうです。でもMFは厳しいですね。AF専門になりそうです。それならEe-Sをつけている意味がありません。EF24-105使用時には方眼スクリーンに交換したいところです。

 シャワーゴーストで回収になったこのレンズ、購入時に対策済み品であることを確認して購入。逆行で撮影するとこの通り…、

Shower

 確かにレインボーシャワー状にはなりませんが、逆光に弱すぎませんか?

 周辺部が流れると言われていましたが、絞って使うので気にならないレベルです。でも周辺減光は激しいです。特に24mmで撮るとこのように…、

Img_5126

 周辺減光でしょうか、ケラレでしょうか、よく確かめてませんが、とにかくこんな感じです。

 解像度は申し分ありません。中心部の解像度に比べると周辺は甘いですが、これはしょうがないでしょう。APSなカメラなら中心部のみを使って撮影できますね。線が太い描写なのは正直がっかりです。

 それよりやはり気になるのは歪みでしょうか。

24mm

 24mmです。歪みますねぇ。これで建築物を撮影してもいいものでしょうか。

 50mmでは糸巻状に。

50mm

 手振れ補正付きレンズって初めて使ったのですが、効果のほどはよくわかりません。無理なシャッタースピードで撮影すれば、やっぱり手振れします。魔法の機能ではないのですね。たぶん歩留りは上がっているのだと思うことにします。

 いろいろ書きましたが、やはり便利です。便利すぎます。これくらいの大きさなら持ち運びも気になりません。役に立ってるのかよくわかりませんがフードもコンパクトです。ズームを使うと写真がヘタクソになるなんていう妄言もありますが、単焦点で撮影していた人がズームを使えば使いこなしは簡単でしょう。ズームを使い出すと単焦点の制約がもどかしくなるときが多くなります。描写にさえ我慢できれば、ズームもいいものだと思います。そう、描写にさえ我慢できれば…。

 私はこのレンズすっかり付けっぱなしになってしまいました。やはり便利さには勝てません。

 
 

« 1個1000円のケーキ | トップページ | 山中の宿 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038344/26800283

この記事へのトラックバック一覧です: EF24-105mm F4L IS USM:

« 1個1000円のケーキ | トップページ | 山中の宿 »