Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 日暮れて道遠し | トップページ | 老舗と行列 »

重厚な蔵造りの町

 江戸時代、川越は江戸と結ぶ新河岸川の舟運で栄え、小江戸と呼ばれた。

 小江戸ときくと軽やかなイメージがあるが、実際は重厚で威圧感のある蔵造りの町並みである。

Kawagoe1

 仲町から札の辻にかけては、立派な蔵が立ち並ぶ。

Kawagoe3

 江戸と同様に川越も、何度もの大火を経験し、火に強い蔵造りが取り入れられていった。

Kawagoe2

 江戸時代から続く老舗も多い。

 
 

« 日暮れて道遠し | トップページ | 老舗と行列 »

11 埼玉県」カテゴリの記事

A. 城下町・陣屋町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 重厚な蔵造りの町:

« 日暮れて道遠し | トップページ | 老舗と行列 »