Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 北斎の愛した街 | トップページ | 江戸とみちのくの繋ぎ目 »

豪商の町

 須坂は蔵の町である。

Suzaka1

 江戸時代、米、酒、麻といった特産品の一大集積地として、上州から江戸への流通を一手に引き受けた。商人たちは天領の特権に守られて財を蓄え、豪商となっていくのであった。その最大のものが、町の外れに、あたかも大名屋敷のような邸宅を構える田中家である。

Suzaka2

 維新後は日本国の主要輸出品である生糸の集積地として多くの蔵が建てられた。

Suzaka4

 表通りの整然とした蔵の町並みに比して、裏通りには郷愁を誘う町家が並ぶ。

Suzaka3

 蔵の町並みばかりが注目されがちであるが、こちらも味わいがあってよい。

 
 

« 北斎の愛した街 | トップページ | 江戸とみちのくの繋ぎ目 »

16 長野県」カテゴリの記事

C. 商人町・在郷町」カテゴリの記事

コメント

どうも。onwakです。ブログの写真全部見させていただきました。
こういう大通りからちょっと入ったところの寂れた感じの車も通れないような小道の写真はいいですね・・・。
私はこういう写真が特に好きです。
私の好きな街、尾道の細い路地を思い出します。

写真全部見ていただいたのですか! ありがとうございます。
なにげない、でも味のある裏道はいいですよね。でもブログには、ついつい町並みの説明的な写真を載せてしまいがちなのですが…。

尾道は、ずっと以前に修学旅行で行ったきりです。その時は町並みなどには興味がなく、あまりよくおぼえてないのですが、きっといま行くと感激するんだと思います。中国地方には魅力的な町がたくさんあるので、近いうちに訪れてみようと計画中です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪商の町:

« 北斎の愛した街 | トップページ | 江戸とみちのくの繋ぎ目 »