Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 大正モダンの温泉街 | トップページ | 店蔵の活用 »

舟運の町

 大石田は最上川とともにある。

 舟が輸送の中心であった時代、大石田は最上川の舟運の中継地として繁栄した。

Img_08321

 酒田からの舟は大石田で積荷を降ろし、ここからは舟を変えて、または陸路で各地に運ばれた。周辺の産物も大石田に集結し、ここで酒田への船に積み込まれたのだ。

 最上川が町の表側であり、当時は川に面して建物が並んでいたであろう。

Img_08281

 しかし現代では、川はすっかり町の裏手の存在になってしまい、町を洪水から守るための堤防が、大石田の町を最上川から遠ざけているように見える。

 舟運とともに栄え、舟運とともに衰退していく運命の町である。

 
 

« 大正モダンの温泉街 | トップページ | 店蔵の活用 »

06 山形県」カテゴリの記事

C. 商人町・在郷町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038344/30609869

この記事へのトラックバック一覧です: 舟運の町:

« 大正モダンの温泉街 | トップページ | 店蔵の活用 »