Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 記憶の中の町並み | トップページ | 部屋の片隅 »

名古屋めし 二連発

 いまや全国的にも著名な「ひつまぶし」、初めて食べました。子供のころは、あまりうなぎ好きじゃなかったし、だいいち高級品ですから。

 ひつまぶしといえばやはり熱田の蓬莱軒へ。すごい並んでいて、食べることができたのは受付してから二時間後でした。

Hitsumabushi

 四分割にして、最初はそのまま、二杯目は薬味入り、三杯目はお茶漬け、四杯目はお気に入りをもういっぱい、私の四杯目は薬味入りでした。海苔と小ネギとワサビをうな丼にかけて食べるのは新鮮でおいしかったです。

 つづいて味噌煮込みうどん、味噌煮込みうどんといえば山本屋しかないでしょう。実は山本屋というのは、「山本屋総本家」と「山本屋本店」の二種類があるということを最近知りましたが、名古屋の人はあまり区別していないと思います。ちなみにどちらもチェーン店の名称です。つまり「山本屋本店名古屋駅前店」とか「山本屋総本家松坂屋店」などなどがあるのです。双方の本店は「山本屋本店大門本店」と「山本屋総本家本家」といいます。めんどうですのでやはりすべて「山本屋」でいいかと思います。

 味噌煮込みうどんは、以前から安いものではなかったですが、いまや一杯千円もする高級うどんです。高級な具を入れて二千円近くするメニューもあります。気軽に食べるうどんではないですね。

Misonikomiudon

 麺は茹で時間まちがえたかと思うくらい芯が残っています。でもこれがなぜかおいしいのです。噛みごたえあるし。私は名古屋人なので普通に土鍋のふたを取り皿にして食べていましたが、神奈川出身の同行者にはこれが意外なおどろきだったようです。

 今回の名古屋めしはこれで終了、でもまだミソカツもスガキヤもドテ丼もきしめんも食べてない! 台湾ラーメンも手羽先もおでんも食べたい! あんかけスパゲティやエビフライカレーも試してみたい! 日帰りではとても食べつくせない、奥深い名古屋めしの世界なのでした。

 
 

« 記憶の中の町並み | トップページ | 部屋の片隅 »

」カテゴリの記事

19 愛知県」カテゴリの記事

コメント

うわあ、どちらもおいしそう。
”ひつまぶし”一度は食べてみたいのですが
鰻やさんへ行くとどうしてもうな重にしてしまうんです。
味噌煮込みうどんも味が染みてておいしそう。
名古屋って食べ物がおいしいそうですね、
サッカー友達がグランパス観戦が楽しみだと言ってましたが、自分はまだ瑞穂へは行ったことがなくって。


下のブログ記事
生まれ育った家が変わってしまうのってさびしいですね。
私の住んでた家もそのうち取り壊されるんですよ。

どうしてもうな重にしてしまう気持ちよくわかります。私もそうです。今回はひつまぶしを食べるために、ひつまぶし発祥の店へ行きました。食べてみたら新鮮なおいしさでした。
名古屋の食べ物は、おいしいというより、風変わりなんだと思いますが・・・。

昔の家が人手に渡ったのはわかっていたのですが、あんなに改築されてるとは思いませんでした。なにせ会社の事務所になっていましたから。でもそれ以上に衝撃だったのは、子供のころの世界が、いま見るとすごく小さかったことでした。
puniさんの住んでいた家も取り壊されてしまうのですね。なくなる前によく見ておいてあげてほしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋めし 二連発:

« 記憶の中の町並み | トップページ | 部屋の片隅 »