Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 商業都市としての萩 | トップページ | 萩藩校明倫館 »

三角州の先端

 阿武川が日本海へと流れ出す直前に、橋本川と松本川の二手に分かれる。萩の町は、その二つの川にはさまれた三角州の上にある。

Img_1981

 三角州の先端、海から最も遠く、阿武川が二手に分かれるところが川島地区である。三角州上で最初に開拓された地区だといわれている。

Img_1978

 川島地区を流れる藍場川は、三角州の先端近くから引かれた水路である。農業用水、生活用水として、また物資の輸送に活用されてきた。

Img_1974

 この辺りは萩城下でも、最ものどかな地域である。

 
 

« 商業都市としての萩 | トップページ | 萩藩校明倫館 »

35 山口県」カテゴリの記事

A. 城下町・陣屋町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三角州の先端:

« 商業都市としての萩 | トップページ | 萩藩校明倫館 »