Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 坂の城下町 | トップページ | 温泉都市の共同湯 »

いまは石垣と土塀ばかり

 江戸時代、大分県の豊後地方には小藩が入り組んで林立していた。日出藩もそうした小藩の中のひとつである。

Img_33452

 日出藩の中心地である日出の町は、別府湾に突き出すように築かれた石垣の上に立つ暘谷城の城下町である。

Img_3338_2

 城といっても小さなものであり、その周りの武家屋敷街も小規模なものであった。

Img_3351

 観光協会の駐車場に車を止めると、中から協会の方が出てきて、熱心に観光コースの説明をしてくれた。訪れる人は多くないのであろう。気持ちはわからなくもない。

 
 

« 坂の城下町 | トップページ | 温泉都市の共同湯 »

43 大分県」カテゴリの記事

A. 城下町・陣屋町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いまは石垣と土塀ばかり:

« 坂の城下町 | トップページ | 温泉都市の共同湯 »