Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 「からあげ」と「とり天」 | トップページ | いまは石垣と土塀ばかり »

坂の城下町

 杵築藩の城下町、杵築へ。

 全国に残る城下町は、その多くが碁盤の目状の町割りが特徴である。しかし杵築は北台と南台という二つの向かい合った台地の上に武家屋敷街がある。

Img_33112

 どちらかの武家町から、もう片方へ行くには、いったん坂を下って谷底まで降り、反対側の台地に登らなければならない。

Img_3298

 一般に武家町は平らな土地にあることが多いが、杵築では坂道の両側にも武家屋敷の土塀が連なる光景が見られる。

Img_3287

 台地の上の高台は閑静な武家屋敷街だった。

Img_3253

 北台と南台の二つの武家町の間の細長い谷底は商人町である。

Img_33152

 こちらは古い町並みは壊されて中心道路が拡幅され、その両側に白壁造りの建物が移築や新築された「真新しい古い町並み」であった。

 
 

« 「からあげ」と「とり天」 | トップページ | いまは石垣と土塀ばかり »

43 大分県」カテゴリの記事

A. 城下町・陣屋町」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
杵築城の城下町ですか~
台地の斜面に屋敷が並んでいるなんて、珍しいですね!
石垣がまたいい味を出していて。
azuwasaさんのブログを見ていると九州へ行きたくなって仕方ありません。笑

杵築もいいところでした。
九州は行ってみたいところが多くて、それなのに広いし、東京からは遠いので、なかなか行けません。
また、まとまった休みがとれたら行きたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂の城下町:

« 「からあげ」と「とり天」 | トップページ | いまは石垣と土塀ばかり »