Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 西国の中心地 | トップページ | 1800年続く温泉 »

日田温泉郷

 日田駅を挟んで北側に豆田町があり、南側の三隈川沿いには隈町がある。現在ではどちらも日田市の一部だが、江戸時代にはそれぞれ独立した町であった。

Img_2887

 隈町は三隈川の舟運で発展した商人町であった。その名残は町の中に見つけることができるが、いまでは日田温泉郷として温泉街の中に飲み込まれている。

Img_2902

 三隈川沿いには老舗の温泉旅館が並ぶ。

Img_2904

 温泉街にはところどころに古い町並みが残っている。

Img_2890

 訪れる人も多くはなく、寂れた印象もあるが、落ち着いた雰囲気の温泉街であった。

 
 

« 西国の中心地 | トップページ | 1800年続く温泉 »

43 大分県」カテゴリの記事

C. 商人町・在郷町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日田温泉郷:

« 西国の中心地 | トップページ | 1800年続く温泉 »