Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月の12件の記事

体にいい水

 このブログへのコメントで知ることになった大分県日田の日田天領水が近所のスーパーで売っていたので購入してみた。

Img_0233

 元々はうなぎの養殖用に地下水を汲み上げたのだが、その水で育てるとうなぎの成育が良く、飲料用としても販売されるようになったものである。有名なルルドの泉やドイツのノルデナウ、メキシコのトラテコと同様に活性水素を含んだ活性水素水であるとのことであり、様々な難病が治ったとかどうとか、まぁそういう噂のある水なのである。

 実は活性水素というのは科学的に立証されているものではなく、現在のところマイナスイオンやピラミッドパワーと同じく疑似科学のひとつである。うなぎの成長が良かった件にしても、それはうなぎの成育に適した水であったということであり、人間にも効果があるかどうかは証明されていない。

 だからといって効果があったという人の話を否定するつもりはありません。科学的に解明されていない事実は無限にあるだろうし、そういうのを信じる方です。ただ、商売がからむと、どうしても胡散臭く見えてしまうものでもあります。

 さて、私が飲んでみた感想ですが、味は普通の水と同じです。特別おいしいわけではありません。特に体調が良くなるとかそういうこともありませんでした。もともとそんなに悪いわけでもありませんが。2リットルペットボトルを1本飲んだくらいでは効果も出ないのでしょうか。

 この水に限らず、水をたくさん飲むのは健康にとても良く、飲むなら良い水にするべきだということで、我が家でもミネラルウォーターを飲料用に購入しております。昨今は100円以下で2リットルのペットボトルが買えますが、日田天領水は300円以上もするので、購入する水をこれに変えるということは見送りとなりました。

 
 

なんにでもかけるミソ

 これ、いま流行ってるらしい。

Img_0196

 赤ミソに酒や味醂と多量の砂糖を混ぜて煮詰めた味噌ダレである。昔は家庭で作るものだったけど、買ってきて気軽に使うようになったのだろう。トンカツや豆腐、おでん等にかけるのが一般的な使い方だ。もう少し価格が下がれば、マヨネーズやケチャップみたいに常備されるようになるかもしれない。

 甘さひかえめで使いやすいと思ったが、中部地方以外の人には、くどいかもしれません。

 
 

温泉都市計画第一号の地

 急な石段の両側に旅館や土産物屋が軒を連ねている。この石段街は伊香保温泉を代表する景観である。

Img_3860

 伊香保温泉の歴史は古く、万葉集にも伊香保を歌った歌が収められているという。

Img_3877

 伊香保が温泉街として整備されたのは戦国時代である。長篠の戦いで織田・徳川連合軍に敗れた武田勝頼が、負傷兵の療養のために真田氏に命じて温泉街を整備させた。

Img_3888

 伊香保を象徴する石段もこの時に造られた。

Img_39542

 これが国内における最初の温泉都市計画である。

 
 

うどんを食べに水沢へ

 坂東三十三箇所第十六番札所五徳山水澤寺、通称水沢観音へ。

Img_3853

 水沢観音の門前には、水沢うどんを食べさせる店が並んでいる。どこの店も店前に大駐車場があり、造りも新しく、地元向けの店ではなさそうである。もともと、水沢観音の参拝客に地粉で打ったうどんをふるまったのが、水沢うどんの起源である。

Img_3827

 上州の田舎うどんとは異なり、適度な腰の上品なうどんであった。かけうどんは、うどんがやわらかくなり過ぎるので、食べるなら、もりにしておいた方がいいだろう。

 
 

宿場町から温泉町へ

 猿ヶ京温泉へ。

Img_3820

 かつては三国街道の宿場町だった猿ヶ京であるが、現在は温泉町である。

Img_3811

 が、温泉町としてもあまり賑わっているようには感じられない。

Img_3814

 温泉町の裏に回ると、古い民家が残っていた。

 
 

江戸時代の養蚕民家

 群馬県吾妻郡中之条町にある富沢家住宅。江戸中期の建築と推定される大型の養蚕民家である。国の重要文化財にも指定されているのだが、玄関は開けっ放しで、記帳さえすれば自由に内部を見学できる。

Img_3792

 かつては二階で養蚕がおこなわれていた。光がよく入るように平側の屋根が切り取られて兜造りになっている。壁はきれいに補修されていたが、現在は屋根の補修中であった。よく見ると茅葺が透けているところもあり、ブルーシートがかけてなければ雨漏りするだろう。

Img_3782

 富沢家は運送業も営んでいたようであるが、山の中にポツンとこのような大規模な民家が存在していたのは不思議である。

 富沢家があるのは、二件の民家があるだけの集落とは呼べないような山深い地である。

Img_3809

 おばあさんがひとり、家の前の小さな畑で仕事をしているのを見かけた。帰りがけにもうひとり、坂道を登ってくる腰の曲がったおばあさんとすれちがった。二件の家それぞれに住んでいる方々なのだろうか。はたしてご主人はいらっしゃるのだろうか。お子さんはすでにここには住んではいないであろう。山を下ってやっと峠道にでるようなところである。日々のちょっとした買い物にも難儀をするのではないか。体調が悪くなっても病院ははるかに遠い。それでもこの地を離れたくないのであろう。この地に嫁ぎ、この地で生き続ける、こうした方々が十分な医療や行政サービスを受けられないのは、真に日本の貧しき点である。

 そして、その世代の方々がいなくなった後には、無数の放棄された集落が残るのみである。

 
 

峠の手前の宿場

 高崎と寺泊を結ぶ三国街道の関東側の最後の宿場が永井宿である。ここから三国峠を超えて越後へと至る、峠の手前の宿場町だ。

Img_3713

 宿場内の道がすでに急坂である。この坂の両側にかつては旅籠が並んでいた。

Img_3704

 坂を上りきったところが鍵曲がりになっていて、そこに本陣跡がある。

Img_36732

 本陣の建物は昭和の初めに解体されてしまったが、その先には江戸時代の旅籠が、いまでも旅館を営んでいる。

 
 

たくみの里の中の農村

 須川宿から1kmほど離れた東峰地区へ。

Img_3769

 須川宿が「たくみの里」の中心だが、周辺の集落も「たくみの里」の一部に含まれている。

Img_3760

 東峰地区は農村であり、須川宿のようには観光地として整備されていない。

Img_3740

 観光スポットを目的として訪問した観光客も、自然に農村の雰囲気を味わうことができる。

 
 

たくみの里で町おこし

 高崎で中山道から枝分かれし、三国峠を超えて新潟県寺泊へ至る三国街道、かつては江戸と佐渡を結ぶ主要な街道であった。

 この三国街道の宿場町のひとつである須川宿へ。

Img_3628

 国道が集落を大きく離れて通ったため、須川は寂れてしまっていたが、観光地として整備され、いまでは「たくみの里」としてそこそこの観光客が訪れる場所になっている。

Img_3657

 広々とした街道沿いに、周囲に大きな空間を取ったセガイ造り民家が点在している。多くの民家は、もの造りの家として観光スポットになっていて、徒歩やレンタルサイクルでそれらを巡るのである。

Img_3654

 観光地として整備される前の須川宿の写真を見ると、街道の中央に水路が流れていた。車社会の現代では不便なのはわかるけど、江戸時代の宿場町の名残りは、できれば残しておいてほしかったものである。

 
 

巨大養蚕民家集落

 現代風の店舗が並ぶ国道から脇道へそれ、小山を回り込むと、その集落は忽然と出現する。

Img_3535

 群馬県北部、旧新治村の箕輪。国道から数百メートルしか離れておらず、旧新治村役場のすぐ裏手なのだが、小山の裏側にあるため、集落の目の前に出るまでその姿が見えない。

Img_3599

 外部から集落が見えないということは、集落内からも外部の世界が見えないということであり、外の世界とは隔絶された異空間である。

Img_3550

 ここには巨大な養蚕民家が密集して存在する。

Img_3613

 妻側を兜造りにし、平側も切り上げた民家、三階建てでその上に高窓のある城郭のような民家と、その形態も様々である。

Img_3595

 箕輪では昭和の終わりごろまで養蚕が続けられていた。そのためか、保全の行き届いた建物が多い。

 
 

九州土産いろいろ

 九州旅行で買ってきたものいろいろ。

 まずは辛子レンコン。かつて食中毒騒動で全国的に有名になってしまった郷土料理である。旅行の初日に買ったのだが、手作り直売所のおじさんが大丈夫だというので三日間車内に放置しましたが、いまのところお腹こわしてません。

Img_0200

 辛子レンコン大好きなんですが、ちょっとだけ食べるものであって、一本丸ごとむしゃむしゃ食べるものではありませんね。

 つづいて、だご汁。麺だけ買ってきてつくりました。

Img_0220

 すいとん風のものではなく、麺状のだごです。ほうとうとどう違うのかといわれると、カボチャが入ってないところとかかなぁ。

Img_02242

 帰宅後の夕食は、そのほかいろいろの九州土産でした。

 
 

フィガロ君、船に乗る

 九州からの帰路、臼杵より四国の宇和島行きのフェリーに乗った。どれだけ走っても1,000円とはいえ、帰りも延々と運転しつづけるのはつかれるので、少しでも楽をしようと思って船でショートカットしたのだ。

Img_0176

 フィガロ君が私の所有になってから、初めての船の旅である。

 
 

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »