Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« たくみの里の中の農村 | トップページ | 江戸時代の養蚕民家 »

峠の手前の宿場

 高崎と寺泊を結ぶ三国街道の関東側の最後の宿場が永井宿である。ここから三国峠を超えて越後へと至る、峠の手前の宿場町だ。

Img_3713

 宿場内の道がすでに急坂である。この坂の両側にかつては旅籠が並んでいた。

Img_3704

 坂を上りきったところが鍵曲がりになっていて、そこに本陣跡がある。

Img_36732

 本陣の建物は昭和の初めに解体されてしまったが、その先には江戸時代の旅籠が、いまでも旅館を営んでいる。

 
 

« たくみの里の中の農村 | トップページ | 江戸時代の養蚕民家 »

10 群馬県」カテゴリの記事

B. 宿場町・街道町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 峠の手前の宿場:

« たくみの里の中の農村 | トップページ | 江戸時代の養蚕民家 »