Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 巨大養蚕民家集落 | トップページ | たくみの里の中の農村 »

たくみの里で町おこし

 高崎で中山道から枝分かれし、三国峠を超えて新潟県寺泊へ至る三国街道、かつては江戸と佐渡を結ぶ主要な街道であった。

 この三国街道の宿場町のひとつである須川宿へ。

Img_3628

 国道が集落を大きく離れて通ったため、須川は寂れてしまっていたが、観光地として整備され、いまでは「たくみの里」としてそこそこの観光客が訪れる場所になっている。

Img_3657

 広々とした街道沿いに、周囲に大きな空間を取ったセガイ造り民家が点在している。多くの民家は、もの造りの家として観光スポットになっていて、徒歩やレンタルサイクルでそれらを巡るのである。

Img_3654

 観光地として整備される前の須川宿の写真を見ると、街道の中央に水路が流れていた。車社会の現代では不便なのはわかるけど、江戸時代の宿場町の名残りは、できれば残しておいてほしかったものである。

 
 

« 巨大養蚕民家集落 | トップページ | たくみの里の中の農村 »

10 群馬県」カテゴリの記事

B. 宿場町・街道町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たくみの里で町おこし:

« 巨大養蚕民家集落 | トップページ | たくみの里の中の農村 »