Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 九州土産いろいろ | トップページ | たくみの里で町おこし »

巨大養蚕民家集落

 現代風の店舗が並ぶ国道から脇道へそれ、小山を回り込むと、その集落は忽然と出現する。

Img_3535

 群馬県北部、旧新治村の箕輪。国道から数百メートルしか離れておらず、旧新治村役場のすぐ裏手なのだが、小山の裏側にあるため、集落の目の前に出るまでその姿が見えない。

Img_3599

 外部から集落が見えないということは、集落内からも外部の世界が見えないということであり、外の世界とは隔絶された異空間である。

Img_3550

 ここには巨大な養蚕民家が密集して存在する。

Img_3613

 妻側を兜造りにし、平側も切り上げた民家、三階建てでその上に高窓のある城郭のような民家と、その形態も様々である。

Img_3595

 箕輪では昭和の終わりごろまで養蚕が続けられていた。そのためか、保全の行き届いた建物が多い。

 
 

« 九州土産いろいろ | トップページ | たくみの里で町おこし »

10 群馬県」カテゴリの記事

G. 農村・山村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巨大養蚕民家集落:

« 九州土産いろいろ | トップページ | たくみの里で町おこし »