Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 葛と薬草の町 | トップページ | そうめんの端っこ »

老舗の一本

 国道沿いの道の駅はたいへん混雑していたが、古い町並みを見に来る人はほとんどいなく、大宇陀の町の中は閑散としていた。日曜日だったが開いている店も多く、様々な老舗をのぞきながら歩くと、一軒の店で声をかけられた。
 「うちは代々これ一本です」

 その一本とは奈良漬である。試食したらたいそううまかったので瓜の奈良漬を購入。

Img_03372

 道の駅でも同じ奈良漬を販売していた。町並みの中の店舗まで買いに来る人は少ないが、道の駅は集客力があって便利に買い物ができるので、地域の商品の販売には適しているのだろう。

Img_48712

 しっかり漬かっているので、厚く切ると味が濃すぎるかもしれない。薄切りにした方がおいしく食べられる。家の者は奈良漬があまり好きではないのだが、これはおいしいといって食べていた。

 
 

« 葛と薬草の町 | トップページ | そうめんの端っこ »

27 奈良県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038344/32533640

この記事へのトラックバック一覧です: 老舗の一本:

« 葛と薬草の町 | トップページ | そうめんの端っこ »