Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 梅園へ | トップページ | 中山道信濃路 »

北国街道の宿場町

 軽井沢の先の追分宿で中山道より枝分かれし、善光寺を経て直江津で北陸道と合流するのが北国街道である。

Img_6325

 善光寺の参拝や、佐渡の金を江戸に運ぶのにつかわれた街道であり、五街道に次ぐ重要な街道と位置づけられていた。

 この北国街道の二つ目の宿場が海野宿である。

 もともとは小諸宿と田中宿との間の宿だったが、田中宿が洪水で壊滅的な被害を受けたことにより本宿となる。

Img_6350

 海野宿は重要伝統的建造物群保存地域に指定されており、宿場内の街道筋は日本の道100選にも選ばれている。

Img_6354

 明治になり、鉄道の発達によって宿場町としての需要がなくなると、養蚕業へと転換していく。

Img_6301

 旅籠の屋根に煙り出しの気抜き窓が取り付けられた建物が、海野宿の産業の変遷を物語っていた。

 
 

« 梅園へ | トップページ | 中山道信濃路 »

16 長野県」カテゴリの記事

B. 宿場町・街道町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北国街道の宿場町:

« 梅園へ | トップページ | 中山道信濃路 »