Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 中山道信濃路 | トップページ | 使われなくなった木造校舎 »

牧水の愛した町

 中山道信濃路の望月宿と芦田宿の間の宿である茂田井へ。

Img_6410

 茂田井には完璧な町並みが残っていた。

 道幅が狭く、道路の拡幅も困難だったため、主要道が町を大きく迂回して開通した。そしてその結果、古い町並みがそのままの姿で存続することとなったのである。

Img_6443

 宿場時代は望月宿で泊めきれない旅人を収容することもあったらしい。しかしいま茂田井には宿場町としての面影はない。

 良質な米と美しい水に恵まれた茂田井では酒造りが発達した。

Img_6448

 茂田井には、大澤酒造と武重本家酒造という、ふたつの造り酒屋が存在する。

Img_6455

 このふたつの酒蔵が町並みの中核をなしている。そしてその二社が町並み保存や文化事業を積極的に行っているのだ。

 古い町並みを残しつつ、活力を失わない町である。

Img_6464

 若山牧水は茂田井をたいそう気に入り、たびたび訪れては酒を酌み交わしたそうである。

 
 

« 中山道信濃路 | トップページ | 使われなくなった木造校舎 »

16 長野県」カテゴリの記事

B. 宿場町・街道町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牧水の愛した町:

« 中山道信濃路 | トップページ | 使われなくなった木造校舎 »