Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の12件の記事

ラッキーピエロでハンバーガー食べたよ〜♪

 函館周辺でのみ店舗展開する御当地ハンバーガーチェーン店のラッキーピエロへ。

Img_9567

続きを読む "ラッキーピエロでハンバーガー食べたよ〜♪" »

函館夜景の日

 日本三大夜景のひとつであり、世界三大夜景のひとつでもある函館の夜景を鑑賞するために、夕方の函館山へ。

Img_9681

続きを読む "函館夜景の日" »

星型の城 - 五稜郭

 函館五稜郭は西洋の築城様式を参考にして建設された星型の城郭である。

Img_9581

 星型であると死角が少なく、敵の攻撃に対して側面や背面からも応戦することができるという。

続きを読む "星型の城 - 五稜郭" »

開国の港町 - 函館

 函館は、横浜や神戸、長崎と同様に幕末に開港された港である。

Img_9513

続きを読む "開国の港町 - 函館" »

は~~~~るばる~来たぜはーこだてーーー

 さ~~~~かまく~波をのーりこえてーーー

Img_9491

続きを読む "は~~~~るばる~来たぜはーこだてーーー" »

本州最北端の地 - 大間

 下北半島の先端部、本州最北端の町が大間町である。

Img_9462

続きを読む "本州最北端の地 - 大間" »

雨の恐山

 恐山へ。

 高野山、比叡山と並ぶ日本三大霊場のひとつである。

Img_9435

続きを読む "雨の恐山" »

ホタテの名産地

 青森県の陸奥湾ではホタテの養殖が盛んである。

 青森県全域でホタテは安くて旨い。卵とじや貝焼き味噌がよく食べられるホタテ料理だろうか。

Img_0761

 下北半島の横浜町でホタテの素揚げを購入。これだけ入ってたったの250円でした。

 
 

最果ての駅 - 野辺地

 最果ての駅というと野辺地を思い出す。

 学生のとき初めて東北地方を旅し、恐山に行くため野辺地で電車を乗り換えた。乗り換えの時間にずいぶん余裕があったので、食事をとるために駅の外へ出てみた。その時、ずいぶんとさみしいところまで来てしまったなぁと感じたのを、いまでもよく覚えている。

Img_0748

 それからずっと野辺地は記憶の中の最果ての駅となったのである。

続きを読む "最果ての駅 - 野辺地" »

どて焼きの店

 四間道のすぐ近く、堀川にかかる五條橋のたもとに、どて焼の看板を出している店があった。

Img_9303

 昼間なので営業はしていなかった。中をのぞいたら、おそらく夜は普通に営業しているだろうと思われた。機会があればぜひ食べに来てみたいものである。

続きを読む "どて焼きの店" »

味噌カツ定食

 味噌カツというのは、名古屋ではどこでも食べられる食べ物である。

 専門店もあるが、どこの食堂にも必ずあるし、喫茶店でも食べられる。喫茶店で食べるには違和感のあるメニューかもしれないが、食べられるところは多い。

Img_0735

 トンカツにソースをかけずに味噌ダレをかけただけなのだが、これが実に郷愁をそそる味なのである。

 名古屋人以外の人がはじめて食べると、味が濃すぎると感じるかもしれない。店によっては甘すぎるところもあるだろう。お気をつけください。

 
 

きしめん is きしめん

 きしめんといえば名古屋名物のあれであるが、きしめんの定義は曖昧なようである。

 乾麺はJASの規格でおおざっぱに太さや平たさが数値化されているが、生麺になると消費者に誤認を与えないような名称でさえあればいいらしい。つまり、なんとなくきしめんっぽかったら、きしめんと名乗ってもいいのだ。これで、東京で食べるきしめんがどれも納得のいかないものばかりな理由もわかる。

 では、きしめんと名乗らなければなんなのか。それは、つまり、うどんである。きしめんもうどんも、小麦粉と塩と水から作られる。その配合はだいたい同じであり、形状もだいたい同じである。うどんと名のつく稲庭うどんより、きしめんのほうがうどんっぽいかもしれない。

Img_0733

 きしめんは、あえてきしめんと名乗らなければうどんなのだ。きしめんはうどんだというのは、名古屋人には衝撃の事実である。それは、ほうとうがうどんだと知らされた山梨人の気持ちに通じるかもしれない。頭では理解できても、心がしっくりこないのだ。

 やはりきしめんはきしめんなのである。

 
 

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »