Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« ニッカウヰスキー創業の地 - 余市 | トップページ | 北海道っぽい家 »

鰊漁の遺構を訪ねて - 余市

 北海道の日本海側の他の町と同様に、余市もニシン漁で栄えた歴史を持つ。その繁栄の様子は下ヨイチ運上家と福原漁場のふたつの遺構から偲ぶことができる。

 運上家とは、江戸時代の松前藩で、アイヌと和人が交易をした場所のことである。ニシン漁場のすぐ前に建てられたこの運上家では多量の魚が取引されたという。

Img_9987

 明治になって漁法が進化するとともに、余市のニシン漁の中心地も下ヨイチから浜中へと移っていった。

Img_0044

 浜中に残る福原漁場とは、福原家のニシン漁場の遺構である。

 主屋だけでなく蔵やニシンの加工場、干し場なども残っている。

Img_0034

 ニシンの加工には広い敷地が必要であった。

Img_0031

 浜に押し寄せたニシンは水揚げされ、ここで加工されたのだ。

Img_0037

 ニシン漁最盛期の余市をうかがうことのできるところである。

 
 

« ニッカウヰスキー創業の地 - 余市 | トップページ | 北海道っぽい家 »

01 北海道」カテゴリの記事

F. 港町・漁師町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鰊漁の遺構を訪ねて - 余市:

« ニッカウヰスキー創業の地 - 余市 | トップページ | 北海道っぽい家 »