Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 平野の一本道 - 鶉町 | トップページ | 祝津の鰊御殿 »

北の港町 - 小樽

 もともとは小さな漁村だった小樽は明治時代に大きく発展する。

Img_9874

 内陸部の石炭の積出港として港が整備され、石炭輸送のための鉄道も敷設された。

Img_9792

 中国、朝鮮やロシアとの貿易、ニシン漁などでも栄え、北海道の経済の中心地となる。

Img_9862

 色内には金融街が形成され、北のウォールストリートと呼ばれた。

Img_9805

 小樽の街には石造りの建築が多い。

Img_9856

 堺町通りには古い町並みが残るが、ほとんどの建物が改装され観光化されている。

Img_9852

 外観の特徴を作り替えてしまっているものもあり、また多くは宣伝のための看板が取り付けられている。

Img_9831

 近くには寿司屋通りという、寿司屋が軒を連ねる通りもあり、現代の小樽の主要産業が観光であることを伺わせる。

Img_9899

 小樽の街は広く、観光客で賑わうエリアの外側は落ち着いた町並みだ。

Img_9885

 主要観光スポットの小樽運河だが、土産物屋やレストランに改装された倉庫街の少し北側は、静かに運河の流れる場所であった。

Img_9908

 急激な観光化は近年のことであり、バブルの前の風情のある時代にぜひ訪れてみたかったものである。

 
 

« 平野の一本道 - 鶉町 | トップページ | 祝津の鰊御殿 »

01 北海道」カテゴリの記事

F. 港町・漁師町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北の港町 - 小樽:

« 平野の一本道 - 鶉町 | トップページ | 祝津の鰊御殿 »