Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 長崎の中国人街 | トップページ | 皿うどんの謎 »

新地中華街

新地は、江戸時代に唐人屋敷の前の海を埋めたてて作った中国貿易の倉庫街であった

Img_2075

開国により唐人屋敷も新地の倉庫街も廃止されたため、唐人屋敷の中国人たちは、より港に近い新地へ移り、新たな中華街を作った。

Img_2087

横浜や神戸に比べると長崎の中華街の規模ははるかに小さく商売っけも少ない

Img_2085

訪れたのは大晦日だったが、多くの店が休業していた。元旦も休みで、二日から営業する店が多いようであった

夜も早く、九時にはすでに真っ暗であった

 
 

« 長崎の中国人街 | トップページ | 皿うどんの謎 »

42 長崎県」カテゴリの記事

N. 中華街」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新地中華街:

« 長崎の中国人街 | トップページ | 皿うどんの謎 »