Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 不知火の海 | トップページ | 貝汁定食を食べる »

白壁土蔵造りの商家が立ち並ぶ漁村 - 松合

宇土半島の南岸、八代海に面した松合の町は、肥後藩の重要な漁港として江戸時代より発展した

Img_2465

町の中程にある舟溜まりの周囲が商業の中心地であった。豊富な湧水を利用して、酒や醤油の醸造業も発展した

Img_2495

海岸線と平行に東西に延びる街道沿いに、白壁土蔵造りの商家が並んでいる

Img_2468

街道よりも海側が漁村であり、山側は農村であった

Img_2482

茅葺き屋根の農家が点在する

Img_2515

明治に入り半島の北部に鉄道が開通し、港湾機能も三角港に移っていくと、松合は急速に発展から取り残されていってしまうのであった

 
 

« 不知火の海 | トップページ | 貝汁定食を食べる »

44 熊本県」カテゴリの記事

C. 商人町・在郷町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白壁土蔵造りの商家が立ち並ぶ漁村 - 松合:

« 不知火の海 | トップページ | 貝汁定食を食べる »