Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 八千代座 | トップページ | 桜えびと由井正雪 - 由比 »

山のふところに抱かれたのどかな町 - 黒木

黒木は、中世に黒木氏の城下町として起こり、江戸時代には在郷町として発展した

Img_2596

福岡県の八女と大分県の竹田を結ぶ街道上の町である

Img_2590

この地方特有の、入母屋妻入りで二階が白漆喰で塗籠められた町家が、街道沿いに点在する

Img_2617

町の南を流れる矢部川には、木造の南仙橋がかかっていた

Img_2630

なんだかなつかしい気持ちにさせるのどかな風景だ

Img_2608

黒木はまた、素盞鳴神社の大藤でも知られているらしい

Img_2633

立派な藤棚は国道上にまではみだしていた

 
 

 

« 八千代座 | トップページ | 桜えびと由井正雪 - 由比 »

40 福岡県」カテゴリの記事

C. 商人町・在郷町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山のふところに抱かれたのどかな町 - 黒木:

« 八千代座 | トップページ | 桜えびと由井正雪 - 由比 »