Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 貝汁定食を食べる | トップページ | 八千代座 »

熊本北部の中心地 - 山鹿

山鹿は、菊池川の舟運を利用した物資の集積地であり、また街道の交わる交通の要衝でもあった

Img_2534

菊池川沿いの下町には、千代の園酒造を中心に見事な町並みが残っている

Img_2542

漆喰塗籠め造りの重厚な商家が、豊前街道沿いに軒を連ねている

Img_2538

山鹿はまた、平安時代より続く温泉の町でもある

Img_2544

豊前街道と国道の交わる交差点には、かつて、さくら湯という温泉があったという

Img_2546

道後温泉本館や別府の竹瓦温泉に匹敵する情緒のある温泉施設であったが、残念ながら取り壊されてしまったそうだ

 
 

« 貝汁定食を食べる | トップページ | 八千代座 »

44 熊本県」カテゴリの記事

B. 宿場町・街道町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本北部の中心地 - 山鹿:

« 貝汁定食を食べる | トップページ | 八千代座 »