Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 鹿野往来 | トップページ | 断崖絶壁のお堂 - 三徳山三仏寺投入堂 »

白壁土蔵と赤瓦 - 倉吉

倉吉も中世に町の基礎が築かれ、江戸時代に発展した。

Img_4841

伯耆国の中心都市であり、山陰の交通の要衝でもある。

Img_4827

物資の集積地として商工業が盛んであった。

Img_4790

玉川沿いには白壁の蔵が並ぶ。

Img_4817

屋根は山陰特有の石州瓦の赤屋根だ。

多くの蔵は改修されて店舗として再利用されていて、なかにはショッピングモールになっている蔵もあった。

 
 

« 鹿野往来 | トップページ | 断崖絶壁のお堂 - 三徳山三仏寺投入堂 »

33 鳥取県」カテゴリの記事

C. 商人町・在郷町」カテゴリの記事

コメント

いいですねー!
以前、住んでいたことがあって
写真の場所はわかるのですが
見事に良い感じで切り取られていて
思わず「おお!」と思いました。

昼はこの水路のあたりでは
結構観光客を見かけるんですけども
これもやはり早朝なのでしょうか??

石州瓦の赤屋根、素敵ですねぇ。

おー、そういえば、にゃおすけさんは倉吉に住んでらっしゃったんですよね〜。

ここに行ったのは昼の11時くらいです。ゴールデンウィーク中でしたし、めちゃめちゃ混んでました。
道があまり写らずに切れてるのは、そこにたくさん人がいたからです。地元の方が写り込むのは大歓迎なのですが、観光客だと微妙な写真になっちゃうので、なるべく外したいのですよね。

混んでる時にも人がいないように写すテクみたいなのもなんとなく得とくしました。コツはじっと待つことかな〜。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038344/40182048

この記事へのトラックバック一覧です: 白壁土蔵と赤瓦 - 倉吉:

« 鹿野往来 | トップページ | 断崖絶壁のお堂 - 三徳山三仏寺投入堂 »