Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の7件の記事

東北六魂祭

7月17日土曜日、仙台まで日帰りで行ってきました。

東北の六つの祭りが一同に会する東北六魂祭を見るためです。

震災ひと月後の四月に訪れて以来の仙台ですが、街中がしんと静まり返っていたあの時とは別の町のように活気がありました。

四月には閉鎖されていた牛タン通りも朝から行列のできる賑わいでした。その中の一軒で食事してから、六魂祭の会場まで歩いて向かいます。

Img_6098

この日はとても暑く、強烈な日差しが肌に痛いです。そして、会場はすごい人出。まともに歩けない状態です。延々と長蛇の列ができているブースもいくつもありました。

暑さと人混みにくらくらして、早々に退散しました。

続きを読む "東北六魂祭" »

重要伝統的建造物群保存地区 2011

重要伝統的建造物群保存地区には毎年いくつかの地域が追加されるのだが、今年は福島県の前沢、愛知県の足助、奈良県の五條、石川県の卯辰山、石川県の加賀東谷、山口県の佐々並市と一気に六ヶ所も追加されていた。

最初の四ヶ所は以前に訪れたことがある。いずれも保存地区に指定されておかしくない町並みである。

萩市の佐々並市は真夜中に通過したことがあるだけなので町並みは見ていない。石川県は金沢以外は行ったことがないので、近いうちにいろいろと回ってみたいと思っている。

では、せっかくなので、昨年作ったリストに新規登録地区を追加して、この一年間で訪れた町にリンクを付けておくことにする。

この一年間で14ヶ所をまわり、残りは今年の追加分も含めてあと31ヶ所である。来年中には全部訪れるのを目標にしてみよう。

離島三ヶ所が難関だな。

 
 

鯖の食べ方いろいろ

若狭湾の特産物はなんといっても鯖である。若狭から京へと続く道は鯖街道と称されたほどだ。江戸時代にはここを通って塩漬けにした鯖が京都まで運ばれた。

鯖の料理として最もポピュラーなのは鯖寿司であろう。

Img_5161

いまではしめ鯖の他に焼き鯖で作った焼き鯖寿司もある。しめ鯖よりも焼き鯖のほうが好きなので迷ったけど、とりあえず一般的なほうを購入しました。

続きを読む "鯖の食べ方いろいろ" »

鯖街道の宿場町 - 熊川

若狭街道の宿場町熊川へ。

Img_5151

続きを読む "鯖街道の宿場町 - 熊川" »

日本海の玄関口 - 小浜

若狭の中心地小浜は大和朝廷の日本海側の玄関口であった。

Img_5071

続きを読む "日本海の玄関口 - 小浜" »

鳥取といえばちくわでしょ

いや、らっきょうやしじみじゃね?とおっしゃるかたもいらっしゃると思います。もちろん、らっきょうもしじみも買ってきました。しかしやはり鳥取といえばちくわは外せません。

というわけで、ちくわを買ってきました。B-1グランプリに出場して全国的にちょっとは知られるようになった「とうふちくわ」です。

Img_5181

魚のすり身に豆腐をまぜてあります。味は豆腐っぽいちくわというか、白っぽいちくわというか。ふわふわはしてなくて、固かったです。

個人的には好きだけど、これだけでB-1グランプリ上位に行くのは難しそう。

続きを読む "鳥取といえばちくわでしょ" »

ふるさと創生の城 - 河原城

道の駅に車を止めて周囲を見回すと、川岸の高台に立派な城が見えた。

帰宅してから調べると、河原城という城であるとわかった。ふるさと創生事業の1億円で建設された城である。バブルの産物なのだ。

Img_5041

秀吉の鳥取攻めの際に陣を張った場所に建てられているというが、当時、城を築いたわけでもなく、全く史実に関係ない建造物である。

遠くから眺めるだけであったが、話のタネに資料館と展望台になっているという城に登ってみればよかった。

この城、ふるさと創生に一役買ったのだろうか。

市民の公募によって名付けられたそうだが、姫路城(白鷺城)や松本城(烏城)のように、河原城(若鮎城)と別称がついているのがおかしかった。

 
 

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »