Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 新潟と長野の境 - 富倉 | トップページ | 笹寿司(新潟長野版) - 飯山市富倉 »

幻の蕎麦を求めて - 飯山市富倉

飯山市の富倉を訪れたのは、この地に伝わる伝統的な蕎麦を食べるためである。

小麦粉が取れない富倉では、つなぎにヤマゴボウの繊維をつかった独特の蕎麦が食べられていた。

R0011816

蕎麦らしからぬツルツルシコシコな食感であった。それでいて、蕎麦の風味はそこなわれていない。

 
 

« 新潟と長野の境 - 富倉 | トップページ | 笹寿司(新潟長野版) - 飯山市富倉 »

」カテゴリの記事

16 長野県」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。先週の金曜日から今週の日曜日にかけて、瀬戸内へ旅行へ行ってきました。目的は町並み散策だったんのですが、このブログを大いに参考にさせて頂きました。
塩飽諸島本島から下灘駅、尾道、竹原を散策して瀬戸内を後にしたのですが、非常に良いところでした。特に水見色小学校のあった本島は、人気もなく、非常に寂しい雰囲気で、旅の雰囲気を存分に味わうことができました。また休みができましたら、今度はまた色々を参考にさせていただきたいと思います。
個人的には板井原集落にも寄ってみたいと思っています。

これからもブログで良い街をたくさん紹介していって頂きたいです。頑張ってください。

こんにちは。瀬戸内に行かれたんですね。瀬戸内はよさそうな場所が多くて、まだまだ行ってみたいところがたくさんあります。遠いのでなかなか行けないんですけどね。

塩飽島本島はいいところですよね。特に西海岸が好きです。onwakさんも行かれたんですね。気に入っていただけたようでよかったです。それだけでブログを続けていてよかったなって思えます。

板井原もいいところでしたよ。機会があれがぜひどうぞ。おすすめできます。

それでは、onwakさんもよい旅を!!

たしかに西海岸はいいところでした。
夕方のフェリー最終までいたのですが、島民の方たちが堤防に座っておしゃべりしていた風景が印象的でした。日本にもこんなにゆっくりと暮らしていける場所があるのかと思ってしまいました。

個人的には瀬戸内はまだ小久野島や祝島等にもいってみたいと思っています。
今後もブログの更新楽しみにしています。

onwakさん、こんにちは。

コメントの返信がたいへん遅くなって申し訳ありません。ひと月ほどブログを休んでました。

祝島にはずっと行ってみたいと思ってます。いまでは原発問題で知られるようになってしまいましたが、静かな島の暮らしを垣間見てみたいです。
小久野島というのは聞いたことないのですが、きっといいところなんでしょうね。調べてみようと思います。

まだまだ、訪れたいところは増えていきますね。

それでは、またぼちぼち旅もブログも再開するので、これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幻の蕎麦を求めて - 飯山市富倉:

« 新潟と長野の境 - 富倉 | トップページ | 笹寿司(新潟長野版) - 飯山市富倉 »