Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« いちご煮 | トップページ | 湯浅醤油 »

醤油発祥の地 - 湯浅

湯浅は、古来より熊野詣での宿駅であった。町の中には熊野古道が通っている。

しかしそれよりも、湯浅は醤油発祥の地として知られている。

Img_7141

醤油の元になったのは、これも地元の名産品である金山寺味噌だ。鎌倉時代の禅僧覚心が、宋で覚えた金山寺味噌の製法を、湯浅の人々に伝えたのだという。

Img_7164

この味噌を作る時にできるたまり汁を調味料として利用したのが、醤油の始まりである。

Img_7204

その後、江戸時代には紀州藩の保護の元、藩の特産品として各地へ積み出された。

Img_7175

この時代に湯浅の醤油醸造は大きく発展する。

Img_7186

当時の繁栄は現代の町並みからも推し量られるのであった。

 
 

« いちご煮 | トップページ | 湯浅醤油 »

29 和歌山県」カテゴリの記事

C. 商人町・在郷町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038344/44268806

この記事へのトラックバック一覧です: 醤油発祥の地 - 湯浅:

« いちご煮 | トップページ | 湯浅醤油 »