Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 入江の漁村 - 三浦東 | トップページ | 永遠に建設途中の観光都市 »

空に向かって耕す畑 - 遊子水荷浦

ねじ曲がり折れ曲がりながら、宇和海に向かって延びる三浦半島。

その中央部で細胞分裂して分岐した岬の先端部が遊子地区だ。

Img_7671

急峻な傾斜地と海のあいだのわずかの平地に集落がある。耕作に利用できる土地はほとんどなく、古来より漁業を生業としてきた地域である。

Img_7708

自給のための農業も細々と行われていたが、人口の増加や不漁対策、また換金作物栽培の奨励などのため、わずかばかりの耕作地も徐々に拡大の必要がでてきた。

Img_7688

平地はこれ以上ないため、集落の背後の傾斜地を開墾するしかない。

Img_7720

そうして、麓から頂上まで段々に耕された段畑の風景が作られていった。

Img_7709

集落の背後に、整地のための石垣が、城壁のようにそびえている。

畑は等高線に沿って美しく整地されている。

Img_7678

重労働の末に手に入れられる耕作地はわずかなものであり、そこでの農作業も過酷であった。

養殖業の発展と共に段畑での過酷な農業は衰退していく。

Img_7724

この地域で広く存在した段畑も、現在では、大規模なものは遊子水荷浦でしか見られない。

 
 

« 入江の漁村 - 三浦東 | トップページ | 永遠に建設途中の観光都市 »

38 愛媛県」カテゴリの記事

F. 港町・漁師町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空に向かって耕す畑 - 遊子水荷浦:

« 入江の漁村 - 三浦東 | トップページ | 永遠に建設途中の観光都市 »