Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 銀の石が眠る山 - 石見銀山 | トップページ | 世界遺産の温泉街 - 温泉津 »

間歩の内部へ - 龍源寺間歩

大森の町の入り口から3キロほど歩くと、龍源寺間歩に至る。町の繁栄の全てを築いた銀は、ここから産出されたのである。

Img_8615

石見銀山に600以上もあるという間歩の中で、自由に見学できるのは龍源寺間歩しかない。

歩くことができるのは、観光のために拡張された通路である。その一番奥の、柵があってそこからは進めない先が、当時のままの姿の坑道だ。訪れることがあれば、ぜひその狭さを見ていただきたい。ただ歩くだけでも息が詰まりそうな狭い場所で、銀の採掘をしていたのである。しかも人力で。

Img_8617

当時の労働の様子を描いた絵も展示されていたが、相当な重労働であったことは、容易に想像することができる。

 
 

« 銀の石が眠る山 - 石見銀山 | トップページ | 世界遺産の温泉街 - 温泉津 »

34 島根県」カテゴリの記事

D. 産業町・鉱山町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 間歩の内部へ - 龍源寺間歩:

« 銀の石が眠る山 - 石見銀山 | トップページ | 世界遺産の温泉街 - 温泉津 »