Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 幾星霜の風雪に耐えて - 上大沢 | トップページ | 岬を超えて - 赤崎 »

間垣の里の中心地 - 大沢

大沢集落は、上大沢から2キロほど東の海岸にある。

Img_96482

もとは上大沢とともにひとつの村であったが、江戸時代に上大沢と下大沢に分村されたという。その下大沢のほうが、いまの大沢集落だ。

Img_9632

日本海に面した海岸沿いに間垣が連なり、冬の北風から集落を守っている。

Img_9645

大沢は、この辺りでは大きな集落だ。

Img_9643

酒屋もあれば旅館もあり、交番もあって、それら全てが間垣で囲われている。

Img_9652

現代も廃れない間垣は、この地に吹く冬の日本海の北風を防ぐためには、最良の手段なのであろう。

 
 

« 幾星霜の風雪に耐えて - 上大沢 | トップページ | 岬を超えて - 赤崎 »

23 石川県」カテゴリの記事

F. 港町・漁師町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038344/47620581

この記事へのトラックバック一覧です: 間垣の里の中心地 - 大沢:

« 幾星霜の風雪に耐えて - 上大沢 | トップページ | 岬を超えて - 赤崎 »