Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 耕して海に至る - 白米千枚田 | トップページ | ただ春の夜の夢の如し »

現存唯一の揚げ浜式塩田 - 珠洲市仁江

海に囲まれた日本では、昔から塩は容易に手に入ったような錯覚をするが、塩が貴重品だったのは山間部だけのことではない。

国内では、岩塩のような塩の結晶体が存在せず、また、雨が多いため、海水の自然乾燥では塩が結晶化しない。そこで、海水から塩を取り出すための工夫と努力が重ねられてきた。

Img_97862

海水をそのまま煮詰めて塩を結晶化させるのは、莫大な燃料が必要となるため効率が悪く、なんらかの方法で濃度の濃い塩水(鹹水という)を作り、それを煮詰めて塩を取り出した。

古くは「藻塩焼き」という原始的な製塩法であった。これは、海岸に打ち上げられて乾燥した海藻の表面に付着した塩を、海水で洗って集め、鹹水を作るものである。

Img_9787

続いて、太陽の力を利用して水分を蒸発させようと、海水を天日干しにするようになる。

海水を砂の上に撒き、砂をかき混ぜて乾かしてできた、塩のこびりついた砂粒を集め、海水で洗って鹹水を作る「揚げ浜式塩田」や、潮の満ち引きを利用して海水を塩田に取り込む「入り浜式塩田」が、雨が少なく日照時間の長い地に作られた。

人力で海水を汲み上げて散布する「揚げ浜式塩田」よりは、干満の差を利用する「入り浜式塩田」のほうが、より少ない労力で鹹水を得ることができる。しかし、これはどこの海でもできたわけではなく、「入り浜式」は干満の差が大きく、土地が海面からさほど高くない瀬戸内で、主に行われた。

近代になり「流下式塩田」の開発によって、生産性は飛躍的にアップする。竹の枝を束ねて組んだ棚に、ポンプで汲み上げた海水を散布する方式で、労働力の大幅な軽減と効率アップにより、広い地域で製塩が可能となった。

しかしこれも、天候に左右されず労働力もさほど必要としない「イオン交換膜式」にとってかわられることになる。塩を専売していた日本専売公社がこれを採用したため、以後、全ての塩は「イオン交換膜式」で作られることとなり、昔ながらの塩田は絶滅した。

Img_9779

塩の専売が廃止され、自由に製塩販売ができる今では、再び昔ながらの手法で作られた塩も流通するようになっている。能登の仁江海岸には、いまでも残る唯一の揚げ浜式塩田があり、体験塩造りもできる。

Img_0606

そこで製塩された塩を味見した。従来の食塩も比較のために置いてあり、そちらを舐めると、強い刺激が舌にビリビリとした。

子供の頃は、塩は全て食塩だったが、その頃の塩の味を思い出させた。

 
 

« 耕して海に至る - 白米千枚田 | トップページ | ただ春の夜の夢の如し »

23 石川県」カテゴリの記事

D. 産業町・鉱山町」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038344/47670815

この記事へのトラックバック一覧です: 現存唯一の揚げ浜式塩田 - 珠洲市仁江:

« 耕して海に至る - 白米千枚田 | トップページ | ただ春の夜の夢の如し »