Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« アカニシ貝 | トップページ | 鷹ノ巣山登山 その1〜奥多摩三大急登の一番手へ »

東京最奥の集落 - 日原

青梅線の終点奥多摩駅から、さらにバスに乗り30分ほど行くと日原に着く。

ここから先へは車では行けない。行き止まりの集落である。

Img_0012

日原は、周囲を1500m超級の山々に囲まれている。

Img_0021

氷川から鷹ノ巣山、七ツ石山を経由して雲取山まで連なる石尾根が間にあるため、南部の多摩川流域の集落とは隔絶している。

Img_0013

周囲をぐるりと尾根に取り囲まれて、北部の秩父地方とも隔てられており、わずかに日原川沿いの日原街道で氷川とつながっているのみである。

Img_0020

周囲は石灰岩地層が厚く、セメント会社の採石場がある。

Img_0016

石灰岩地形に特徴的な鍾乳洞は、日原の観光スポットになっている。また、日原は周辺の山々への登山基地でもある。

Img_0025

そのため、孤立した山村にしては店舗も多く、開けた雰囲気があった。

Img_0027

いまでは少々寂れてしまっているが、かつての賑わいを彷彿させるには十分であった。

 
 

« アカニシ貝 | トップページ | 鷹ノ巣山登山 その1〜奥多摩三大急登の一番手へ »

12 東京都」カテゴリの記事

D. 産業町・鉱山町」カテゴリの記事

G. 農村・山村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038344/47916276

この記事へのトラックバック一覧です: 東京最奥の集落 - 日原:

« アカニシ貝 | トップページ | 鷹ノ巣山登山 その1〜奥多摩三大急登の一番手へ »