Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 奥能登の里の風景 - 三井 | トップページ | 耕して海に至る - 白米千枚田 »

能登の里山里海

国連食糧農業機関によって2002年に創設された世界農業遺産。

日本からは、2011年に能登半島と佐渡ヶ島が、先進国で初めて選定されている。

Img_9622

地域に根ざした、伝統的で持続可能な農法が生み出した景観や文化は、経済的に発展した現代の日本にも、まだ消えずに残っているのである。

2012年現在、世界農業遺産(世界重要農業資産システム)は以下の通り。

・チロエ農業(チリ)
・アンデス農業(ペルー)
・イフガオの棚田(フィリピン)
・カシミールのサフラン栽培(インド)
・水田養魚(中国)
・ハニ族の棚田(中国)
・万年の伝統稲作(中国)
・トン族の稲作、養魚、養鶏(中国)
・マグレブのオアシス(アルジェリア、チェニジア)
・マサイ族の放牧(ケニア、タンザニア)
・トキと共生する佐渡の里山(日本)
・能登の里山里海(日本)

 
 

« 奥能登の里の風景 - 三井 | トップページ | 耕して海に至る - 白米千枚田 »

風景」カテゴリの記事

23 石川県」カテゴリの記事

F. 港町・漁師町」カテゴリの記事

G. 農村・山村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 能登の里山里海:

« 奥能登の里の風景 - 三井 | トップページ | 耕して海に至る - 白米千枚田 »