Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の15件の記事

静かな静かな大沼周辺観光 - 赤城山

赤城山といえば、赤城の山も今宵限りの国定忠治や、からっ風の吹いてくる場所として、それなりに名が知られています。

車でカルデラまでアクセスできることもあり、それなりに観光地化されてるだろなと想像していました。

Img_3701

続きを読む "静かな静かな大沼周辺観光 - 赤城山" »

カルデラをぐるりと一周 - 赤城山

中央のカルデラをぐるっと取り囲む赤城山の外輪山を一周しました。カルデラ湖の大沼や覚満淵、火口湖の小沼を見下ろし、反対側の山々を眺めながらの一周です。

Img_3621

続きを読む "カルデラをぐるりと一周 - 赤城山" »

山の恵みとパワースポット - 数馬

数馬の三頭山荘で山荘料理。

これが本日の目的です。山歩きはおまけ。

山菜の小皿が二十四枚並んでるのが写真映えしますけど、天ぷらが食べたかったので十二枚プラス天ぷらと焼魚のにしました。

Img_3533

続きを読む "山の恵みとパワースポット - 数馬" »

笹尾根核心部を行く

生藤山から三頭山へと続く尾根道のどこからどこまでを笹尾根と呼ぶのか正確にはわかりませんが、おそらくその核心部分に当たるであろう浅間峠から槇寄山までを歩きました。

Img_3479

続きを読む "笹尾根核心部を行く" »

東京都の知られざる巨大屋根集落 - 上川乗

多摩川支流の秋川を遡っていくと、檜原村の本宿で北秋川、南秋川の二つの流れに別れます。

Img_3462

続きを読む "東京都の知られざる巨大屋根集落 - 上川乗" »

白河ラーメン

元祖のお店で白河ラーメン。

町の外れにありますが、中途半端な時間にもかかわらず、けっこう賑わっていました。

R00124722

見た目からして洗練されてます。もちろん味も。意外でした。

東京のちょっとおしゃれなラーメン店のようでした。

 
 

東北への入口 - 白河

関東と東北の境目、白河の町です。

Img_9351

続きを読む "東北への入口 - 白河" »

いまは静かにひっそりと - 中寺宿

岩城街道をさらに先へ、浜通りへと向かいます。

Img_9335

続きを読む "いまは静かにひっそりと - 中寺宿" »

山間の宿場町 - 上市萱

旧街道を歩いて上市萱宿へ。

Img_9296

続きを読む "山間の宿場町 - 上市萱" »

岩城街道を東へ - 上三坂

郡山からいわき市へ、岩城街道に沿って車を走らせました。交通や経済の中心地となっていく中通りと、沿岸部の浜通りを結ぶ街道です。

上三坂宿は岩城街道の宿場町で、交通の要衝でした。

Img_9284

続きを読む "岩城街道を東へ - 上三坂" »

田村郡の中心地 - 三春

福島県田村郡は、坂上田村麻呂の子孫が支配したことに由来する歴史ある地名です。

その田村郡の中心地が三春でした。

Img_9255

続きを読む "田村郡の中心地 - 三春" »

わらじカツ丼

わらじカツ丼食べました。

小鹿野の元祖わらじカツ丼の店「安田屋」の、秩父市内にある姉妹店です。メニューはカツ丼のみで、選択の余地はカツが二枚か一枚かだけ。

Img_2743

どんぶりからはみ出すぶ厚いカツが二枚。ぶ厚いけどやわらかかったです。

タレは甘めでしたが、おばちゃんの勧めるままに卓上の七味をかけると、ちょうどよい味でした。

年期の入った店の造りも雰囲気ありました。座敷が炬燵なのもナイスです。

 
 

芝桜の丘を上から見下ろす

羊山公園の満開の芝桜の丘を上から見てみようっていうのが、武甲山に登った目的のひとつであります。

秩父市街を見下ろしてすぐに見つかりました。かなり目立ってます。

Img_3408_2

続きを読む "芝桜の丘を上から見下ろす" »

身を削り人々に恵む - 武甲山

秩父のどこから見ても、そのスキッとした姿が人目を引く武甲山。しかし元々の武甲山は、こんな尖った山ではなく、もっとふっくらとしていました。

石灰を得るために削られて、いまの形になっていったのです。

Img_3380

続きを読む "身を削り人々に恵む - 武甲山" »

ニッチツ鉱山村 2013 - 小倉沢

八丁尾根の帰り道、小倉沢のニッチツ鉱山村を通過しました。

最後に訪れてから数年振りだと思いますが、いくつかの変化に気づきました。

Img_3367

続きを読む "ニッチツ鉱山村 2013 - 小倉沢" »

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »