Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« ニッチツ鉱山村 2013 - 小倉沢 | トップページ | 芝桜の丘を上から見下ろす »

身を削り人々に恵む - 武甲山

秩父のどこから見ても、そのスキッとした姿が人目を引く武甲山。しかし元々の武甲山は、こんな尖った山ではなく、もっとふっくらとしていました。

石灰を得るために削られて、いまの形になっていったのです。

Img_3380

良質な石灰岩でできた武甲山を削ってできたセメントは、秩父経済のみならず、高度経済成長期の日本の発展を支えました。

Img_3388

北側斜面は大きく削り取られ、岩肌がむき出しになっています。1336mだった山頂は41mも低くなってしまいました。

Img_3385

いまある武甲山御嶽神社は、なくなってしまった山頂近くから遷座されたものです。

Img_3399

後に測量で見つかった9m高い別の地点を現在の山頂とし、そこに1336-41+9の碑があります。

Img_3415

それは、山頂と呼ぶにはあまりにも違和感のある場所でした。

Img_3418

さらに上へと向かう途中でぶった切られて崖になってる狭いスペースです。

Img_3264edit

身を削って国の繁栄を支えた武甲山。登るまでは、それもまた山の運命と思っていましたが、この山頂に立つと、さすがに悲しい気持ちがこみ上げてきます。

武甲山の山頂は、そんな場所です。

 
 

« ニッチツ鉱山村 2013 - 小倉沢 | トップページ | 芝桜の丘を上から見下ろす »

① 奥多摩・高尾・奥武蔵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身を削り人々に恵む - 武甲山:

« ニッチツ鉱山村 2013 - 小倉沢 | トップページ | 芝桜の丘を上から見下ろす »