Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 東京都の知られざる巨大屋根集落 - 上川乗 | トップページ | 山の恵みとパワースポット - 数馬 »

笹尾根核心部を行く

生藤山から三頭山へと続く尾根道のどこからどこまでを笹尾根と呼ぶのか正確にはわかりませんが、おそらくその核心部分に当たるであろう浅間峠から槇寄山までを歩きました。

Img_3479

名前の由来となった笹原は多少はありましたが、それがずっと続くわけではありません。

Img_3490

この区間ほとんど展望がないです。標高も低く周囲は木々に取り囲まれています。尾根への登りなら我慢して登るしかありませんが、尾根道歩いてるのに展望ないのはなんだかがっかりでつかれます。

Img_3469

浅間峠からずっと展望はなく、ときおり木々の隙間から青空と山並みとその向こうの富士山がチラ見できる程度です。

Img_3482

そんな退屈な尾根歩きが何時間も続いたあと、数馬峠で突然展望が開けます。

Img_3492

さらにすぐ先の槇寄山も西側の展望が開けています。

Img_3499

これは伐採したのでしょうか? 三頭山から来ると数馬峠のあたりまでは気持ちよく歩けますね。そこから浅間峠まではちょっと退屈。その先の生藤山までは、まだ歩いたことないので近いうちに。

 
 

« 東京都の知られざる巨大屋根集落 - 上川乗 | トップページ | 山の恵みとパワースポット - 数馬 »

① 奥多摩・高尾・奥武蔵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笹尾根核心部を行く:

« 東京都の知られざる巨大屋根集落 - 上川乗 | トップページ | 山の恵みとパワースポット - 数馬 »