Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 天空のヒュッテでテント泊 - 蝶ヶ岳ヒュッテ | トップページ | あの日の自分を追い越して行け!! - 金峰山 »

あの山の向こうへ - 常念岳

マジこれ登るのかよと思わせる常念岳へ続く道。

穏やかな蝶ヶ岳とは対照的なゴツゴツした岩山だ。

Img_3149

蝶ヶ岳からここまでも楽な歩きではなかった。

穏やかだったのは山頂周辺だけで、その後は登り下りのくり返し、森林限界より下の鞍部まで下って、再び森林限界を超えたピークを目指す。

Img_6487

そうして、蝶槍や他のいくつかの名前の付いてないピークを越えてここまできた。

Img_6528

そしてたどり着いた常念岳への最後の登り。このラスボス感。

Img_3145

岩がちな登山道を休み休み登る。

天気はあいかわらず絶好調。素晴らしい風景に後押しされて、疲れた足をまた一歩前へと運ぶ。

Img_3166

やっとたどり着いた常念山頂でも、どこから見ても容易に同定できるとんがった頂が目の前に。

Img_3181

さらには、常念岳に隠れて見ることができなかった北アルプスのさらに北も。

Img_3189

ひとつの大きな頂きに立てば、その先のまだ見ぬ景色を見ることができる。そしてまた、さらに先の頂きへ、さらに高い頂へと進んでいくことになる。まだ見ぬ風景を求めて。

Img_3207

山頂では達成感や安堵感も多少はあるものの、心からそれを味わうことはできない。山登りはこれでおしまいではないことはイヤというほど知っているから。

Img_3218

さて、いつでもどんな山でも困難な下山の始まり。

前常念経由の下山道は急傾斜の岩場から始まる。ようやく岩が少なくなると、ザラザラ滑る急傾斜のザレ場が続く。油断しなくてもザザザッと滑り落ちてしまう。

Img_3225

失敗すれば死か、よくても大ケガだ。

疲れた体と重い足を慎重に慎重に前へと進める。

 
 

« 天空のヒュッテでテント泊 - 蝶ヶ岳ヒュッテ | トップページ | あの日の自分を追い越して行け!! - 金峰山 »

⑥ 北アルプス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あの山の向こうへ - 常念岳:

« 天空のヒュッテでテント泊 - 蝶ヶ岳ヒュッテ | トップページ | あの日の自分を追い越して行け!! - 金峰山 »