Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 昼なお暗い神秘の森 - 黒岳 | トップページ | 日本俺名山 2013 »

秋だと思ってたら冬の谷川岳

息を切らせながら急角度の登山道を登る。足元ばかり見ていた視線をふと上げると、そこには白く輝く頂が。

雪…?

Img_1417

麓はまだまだ秋だったのに、山頂にはすでに冬がおとずれているのでしょうか。薄暗い早朝に出発したので、上の方がどんななのかよく見えてなかったです。

それより冬装備なにも持ってきてないよ。アイゼンピッケルどころかストックもない。

Img_1411

まあしょうがない。とりあえずは上を目指します。

Img_1448

雪の西黒尾根は少々スリリング。

Img_1454

稜線に出るとそこそこの積雪がありました。

Img_1482

トマノ耳からオキノ耳へは角度のある凍った斜面の登り下り。滑らないように慎重に進みます。

Img_1478

オキノ耳まで到達して、さてどうしようかと考えました。

Img_1494

天神尾根を下りロープウェイで下山する手もありますが、一ノ倉岳から茂倉岳へ縦走して土樽駅に降りる手もあります。

Img_1502

もう一回オキからトマへの斜面を登り降りするのもいやだし、トマノ耳から向こう側へ降りるのもいやだし、というわけで先へ進んでしまいました。

こっちのほうが傾斜はゆるやかです。雪も少なそう。

Img_1497

しばらく歩いて振り返ると、谷川岳方面はどんどんガスが濃くなっていました。

Img_1527

こっち側に来て正解だったかな。

いや、その前に冬装備なしで雪の谷川岳に登るのは不正解のような気もします。

みなさん、準備は万全で登りましょうね!!

 
 

« 昼なお暗い神秘の森 - 黒岳 | トップページ | 日本俺名山 2013 »

⑧ 上信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋だと思ってたら冬の谷川岳:

« 昼なお暗い神秘の森 - 黒岳 | トップページ | 日本俺名山 2013 »