Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 菅平のシンボル - 根子岳 | トップページ | 真っ青な空と真っ白な山と360°の展望 - 天狗岳 »

赤岳の最も輝いた一日

地蔵の頭まで登ると、真っ青な空と薄っら雪化粧した赤岳がすぐ近くに。

すごくすごくすごくきれい。

長い沢道を歩き、急角度の地蔵尾根を登ってようやく目にした景色だから、よりきれいに見えてしまうっていうのを差し引いても、十分にきれい。

Img_1851

地蔵の頭から横岳硫黄岳方面へ行くつもりだったけど、こんな素敵な赤岳を見てしまったら登らないわけにはいきません。

Img_1825

今日の装備と自分のレベルで登れるかな?ってちょっと迷いましたが、そんな迷いは一瞬で消し飛んでしまうような赤岳の美しさだったのです。

登ります。あの頂へ。

Img_1867

凍った急斜面はクサリをつかんで、体を一気に引っ張り上げます。

Img_1876

振り返ると八ヶ岳の主脈がずーっと先まで見えました。端っこでぽっこり出てる蓼科山まではっきりと。

Img_1887

そして山頂に到着。

Img_1894

クサリがまだ出てたおかげで、なんとか登ることができました。みんなニコニコしてしまうような絶好の天気です。風もなくて穏やか。

ちょっとだけ冒険して来てみてよかったな。

 
 

« 菅平のシンボル - 根子岳 | トップページ | 真っ青な空と真っ白な山と360°の展望 - 天狗岳 »

④ 八ヶ岳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤岳の最も輝いた一日:

« 菅平のシンボル - 根子岳 | トップページ | 真っ青な空と真っ白な山と360°の展望 - 天狗岳 »