Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« いかにんじん | トップページ | ラッセル突破 高尾山6号路 »

ラッセル&踏み抜き雲取山

やっとのことで稜線に出たときは、コースタイムを大幅にオーバーしてすでに昼を回っていた。本来なら山頂に到達しているはずの時間だ。

Img_3777

歩き始めはトレースもあり雪も締まっていたのだが、しだいに雪質は緩んできて、七ツ石の巻き道では完全にトレースが消えてしまった。

腰から胸まで雪に埋もれつつ、のろのろとラッセルして進み、稜線に出るまでに、すっかり時間と体力を使い果たしてしまった。

Img_3811

このまま山頂を目指すと、帰り道の途中で日没を向かえることになる。無難にいくならここで、またはほんの少しだけ稜線歩きを楽しんで、引き返すべきであることはじゅうぶんわかっている。

Img_3797

が、しかし、この稜線を歩くためにここまで登ってきたのだ。

それに、天気はよく風もなく暖かい。

年末に笠取山の山頂手前で引き返したことも、まだちょっと心に引っかかっている。

Img_3782

よし、今回は行こう。山頂まで。

稜線では何人かの方とすれ違った。みなさん時間切れで、山頂はあきらめて戻ってきたそうだ。でもいいのだ。今回は行くのだ。山で大切なものはただひとつ、自分で考える力だ。

Img_3814

進むにつれて雪は深くなり、気温の上昇で踏み抜きも多発する。

14時30分、雲取山頂に到達。雪がなければ下山してる時間である。

Img_3804

あとは来た道をもどるだけ。

Img_3818

しだいに日が傾いてくる。

Img_3826

夕暮れの光はとてもとてもきれいで、日が沈むまでずっと眺めていたいけど、さすがにそうもいかない。

Img_3831

美しい稜線とはさよならして、樹林帯を下ります。

Img_3835

ほどなく日没。

Img_3838

月明かりの登山道を二時間歩いて下山しました。

 
 

« いかにんじん | トップページ | ラッセル突破 高尾山6号路 »

① 奥多摩・高尾・奥武蔵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラッセル&踏み抜き雲取山:

« いかにんじん | トップページ | ラッセル突破 高尾山6号路 »