Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 東京で最も美しい尾根 | トップページ | Go anyway »

ゴルゴ14

倉戸山の頂からずっと降りてきた稜線が奥多摩湖へと消えゆく少し手前、倉戸山の山裾の斜面にあるのが原集落です。

高台の集落からは眼下に奥多摩湖、目の前には御前山。南側に大きく開けた、なかなかいいロケーションです。

Img_1189

倉戸山登山の起点となる原集落には、あの山野井泰史、妙子夫妻が住んでらっしゃいます。

Img_1173

山野井さんちの畑には、山岳救助隊副隊長金邦夫さん作成のゴルゴ14が、猿たちに睨みをきかせています。

Img_1197

登山口には山野井さんが描いたと噂の脱力看板もあります。

Img_1201

奥多摩の中でもマイナーな倉戸山に、わざわざ登りにくる登山者はあまり多くはありません。

奥多摩近くに住んでいて、しばしばこっち方面へ登りに来ている自分でも、昨年の春に金副隊長の雑誌の連載でゴルゴ14の存在を知ってから、実際に訪れるまでに一年近く経ってしまいました。しかも、石尾根を登った帰りにちょこっと寄るみたいな感じで...。

Img_1191

ほんとはもう少し明るい時間帯に来たかったのですが、出発が遅れて薄暗くなってからの到着になってしまいました。

Img_1204

ゴルゴ14と登山口の脱力看板と奥多摩湖の向こうに聳える御前山。それらを見るだけでも、訪れる価値のある場所だと思います。

 
 

« 東京で最も美しい尾根 | トップページ | Go anyway »

12 東京都」カテゴリの記事

G. 農村・山村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038344/58971967

この記事へのトラックバック一覧です: ゴルゴ14:

« 東京で最も美しい尾根 | トップページ | Go anyway »