Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« お山のPDCAサイクル | トップページ | 艱難と逡巡の日向八丁尾根 »

雨でも山、風でも山、疲れててもダルくても山

日曜日、朝から雨。

どうしよっかなあって考えてるけど、やっぱ行くしかないよね。週末ずっと家にいるのは気分がくさくさするし。それに今年は、毎週登山を自分に義務付けてるし。

とはいえ、すっかり出遅れたし、いまいち盛り上がらないし、近場の軽いところをサクッと行ってくることにしよう。

Img_3705

というわけで選んだのは鳥ノ胸山。

うちから1時間半もあれば登山口まで着けるし、ぐるっと一周してきても3時間半くらいだし、まだ登ったことない山梨百名山の山だし、どうせ展望もないから天気悪くても関係ないし、といういささか消極的な理由で選びました。

Img_3693

登り始めてからずっと樹林帯の中です。単調な登山道を黙々と登ります。

曇り空だけど湿度は高く蒸し蒸ししてて、体力を吸い取られます。楽勝だろと思ってましたが、気持ちが入ってないときは足取りも重いです。

Img_3715

山頂直下は予想外の急登で息が切れます。軽く歩いて温泉のつもりだったけど、けっこうしんどい。

汗がだらだら吹き出ます。

たった1時間半ほどの登りなのに、かなり長く感じました。気合を入れて長い尾根を登ってるときは、1時間半なんてあっというまなのに。

Img_3713

山頂でおにぎりを食べてから下山。道の駅で買い物してから温泉に浸かります。

Img_3721

いまいち気乗りがしないときでも、軽く歩いてこれる場所が近くにたくさんあるってのはやっぱいいね。

家でうだうだしてるより、ずっといいもんね。

 
 

« お山のPDCAサイクル | トップページ | 艱難と逡巡の日向八丁尾根 »

③ 富士・御坂・都留・道志」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨でも山、風でも山、疲れててもダルくても山:

« お山のPDCAサイクル | トップページ | 艱難と逡巡の日向八丁尾根 »