Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 九月の五日間 〜 その4 | トップページ | 鍋っこ遠足&山頂デザート @燧ヶ岳 »

九月の五日間 〜 その5

光岳の山頂から10分ほど先へ進むと、光石という大岩がある。
旅の終着点は、その光石の上と決めてある。

山頂を越えて樹林帯を進んでいくと、しだいに周りの木々が薄くなり、やがて目の前に大きな岩が現れた。
あそこだ。長かった旅も、あそこでついにおしまいだ。

Img_6675

岩の上に登ると、さらに南の山々が広がっていた。

目の前にあるのが池口岳、ここからあそこまで縦走できる。ここは、いつかは歩く道だろう。
それ以外の深南部の山々は、どれがどれなのかさっぱりわからなかった。しかしこれも、いつかは足を踏み入れる地であるはずだ。

終わっちゃったな。

光石の上に寝そべり、高い空を見上げた。

Img_6682

光石に来る前に光岳の山頂を通過した。

樹林帯の中の展望のない山頂であったが、ここで重要なのは展望ではない。山頂を囲っている木々である。
ひとつひとつ丹念に見ていったが、山名プレートらしきものは発見できなかった。

Img_6669

まあそうだろう。何十年も前に掛けられた木製の板である。
前世紀の遺物は山の藻屑と消え去ったようだ。

無い物を無いと確認するのも悪くない。

Img_6692

さて、ここからは帰り道。Uターンして来た道をもどろう。

登りで苦戦したガレ沢を今度は下っていく。
ガレ沢はあまり好きではない。歩きにくいし、石が動くと転ぶこともある。慎重かつスピーディーに下っていく。

下りきったところからは易老岳への登りが始まる。

その登りの途中で明らかにペースが落ちてきた。
チアの実入りの水を何度も飲むが、一向にペースが上がってこない。

ふぅ。ここまでの縦走で筋肉にはすっかり疲労が溜まっているようだ。
なんとか精神力で持ちこたえてきたが、光石でゴールしたとたん、気持ちも切れてしまったらしい。
こうなると、いくら盛り上げようとしても、盛り上がるものでもない。
ここまでずっと充実感でいっばいだが、それはいま、どちらかというとやり切った感に近いものに変わっている。

坂の途中で立ち止まり、ザックを下ろした。
しかたない。たまには使うか。

Img_6627

いつもザックに挿しっぱなしのストックを抜いた。

雪山以外では、ストックは使わないほうがいいと思っている。
世界トレッキング協会だかも、六十歳以下は雪山以外ではストックを使うべきでないという声明をだしている。
奥多摩山岳救助隊の元副隊長金邦夫さんも、テント装備で荷物が大きくて重いならしかたないときもあるが、そうでないならストックなんか使っちゃいかんと講演でおっしゃっていた。
このことが国内であまり言われないのは、業界のビジネス的な問題であろう。

ストックを使えば、確かに楽だ。
でもそれは、足の筋肉を鍛える機会を失うことにもなる。
下りだけ使う人も多いが、下りこそ足の筋力とバランス力を養うに重要である。

ストックなど使う必要がないように日頃からトレーニングを積んでおくべきという、しごく真っ当な意見は、ビジネス優先の登山業界と楽して登りたい登山者の両方から無視されている。

鍛え抜かれた岳人が、いつも以上にスピードアップしたい、より遠くまで歩きたいなどの理由で使うのはありだと思う。
問題なのは、日頃のトレーニングを怠っておきながら、本番では楽をしようとする遭難予備軍と、それを戒めることのない登山業界である。
いま流行のUL装備にも、これと全く同じ図式が当てはまる。

体力は「ある」ものではなく「得る」ものなのだから。

しかるに今回の自分である。
確かにここまで、普段の山行よりずっとがんばってきたが、トレーニング不足だと叱られても文句は言えない。
まだじゅうぶん歩けるし、ストックなしでも帰れはするが、なんというかもう終わった気分なので、なかなか足が上がらないのだ。多分に精神的な問題ではある。
まあ、いちおういつも持ってきてても使うことはないので、たまには使ってもいいでしょう。年に一回か二回のことなのだし。

Img_6706

ようやくにして易老岳まで登り切ったが、そこから仁田岳分岐までの登りは、さらにずっと厳しかった。

なんとも手強い登り返し。この縦走中で最もキツかったのはここである。普段ならサラッと登れる程度の登りだろうに。

まったく体というのは心の影響を受けすぎる。
ここを登れば、あとは下りしかない。それだけを考えてじわじわと登った。

つらく長かった登りもようやくにして終わり、茶臼岳の山頂までもどってきた。
早朝はすっきり晴れていた空も、いまはガスで真っ白である。

ここがほんとに最後の山頂。
下りてしまうのが惜しくて、石の上に胡座を組んで座っていた。

小屋から登ってきたらしき登山者たちは、ガスガスの山頂にわずかの間だけ立ち止まり、また下っていった。

山頂にはだれもいない。静かな時が流れていく。

Img_6711

やがて、周りを真っ白にしていたガスが晴れ、日の光が射してきた。

肉体の境界は曖昧となり、周囲の自然に溶け出していく。
時間の観念は薄れ、一瞬は永遠となり、永遠は一瞬となる。
意識は深く沈み込み、宇宙と一体となった時が過ぎていく。

古来、聖人が修行し悟りを開くのは、高い山の上と決まっている。
神々の住処も高山の頂だ。これは比喩的な表現ではないだろう。
山に登ること自体が瞑想だともいう。
山というのは、そういう場所なのである。

どれくらいの時が過ぎたのだろう。現実世界へもどってくると、茶臼小屋を目指して下り始めた。

今夜のお楽しみも二本で500円のビールだ。
ラッキーなことに、最後の二本にありつくことができた。売り切れてたら、ずいぶんがっかりしたことだろう。

テントにもどり、今日とこれまでの山行を振り返りつつビールを堪能していると、テント泊登山者におでんがふるまわれた。
小屋閉めで余る食材なのだろうが、こういうのはたいてい小屋泊の人たちへだけなものだ。
テント泊登山者にも優しい茶臼小屋は、あの聖平小屋と同じく井川観光協会の運営である。

20150922_17_45_57

おでんの中身はタケノコにコンニャク。ナルトが入ってるとこが静岡を感じさせる。魚の出汁の効いた、黒っぽい汁のおでんである。
これがなんともいえなくおいしかった。この山行中で食べた最もおいしい食べ物は、このおでんだった。
ものを食べるというのは、突き詰めていくと、口や舌でなく魂が食べるのである。だから、真心のこもった食べ物は、なんともいえない味わいがある。

最後の夜、夢を見た。
知らず知らずのうちに囚われていた緊張感から解放されたからだろうか、今回の縦走中で初めて見た夢だ。
それは、仕事の契約がようやくうまくいきホッとしているという、なんともリアルで日常的な夢であった。日ごろ見るのは荒唐無稽でサイケデリックな夢ばかりなのに…。
近づいてきたな…そう思わせる夢であった。

五日目、最終日。
この日は小屋から下るだけ。名残惜しいが、そうも言ってられない。それに五日ぶりに風呂に入って、そろそろ着替えもしたい。

Img_6718

いちおう念のためにストックを突いて下山することにした。
筋肉が疲労してるはずだから、下りで体を支えきれず転倒してしまうかもしれない。最後の最後で怪我はしたくない。転ばぬ先の杖である。

ひと晩寝て回復したのか、ストックのおかげか、最終日効果なのか、快調にぐんぐん下っていく。

あっというまに横窪沢小屋まで下り、ウソッコ沢小屋を通り過ぎ、ヤレヤレ峠を越えて、畑薙の大吊橋を渡ってしまった。
せっかくなのでザックを置いて、大吊橋をもう一往復してから、駐車場へ続く林道を下った。

Img_6766

長いようであっというまの五日間が終わろうとしている。
五日間…数えているので日数はわかるが、不思議と実感がない。
山から下りてくるといつも、何日山の中にいようとも、それがまるで長い一日だったかのような錯覚に陥る。

まだ午前中だ。これなら今日中に家族のペットを迎えにいける。
最後まで完ぺきに計画通りである。

Img_6784

全てが味方してくれた山旅が終る。

ありがとう南アルプス。
また来る時にも笑っておくれ。

 
 

« 九月の五日間 〜 その4 | トップページ | 鍋っこ遠足&山頂デザート @燧ヶ岳 »

⑤ 南アルプス」カテゴリの記事

コメント

無事の下山おつかれさまでした。

この五日間の話をを読みながら
ずっと私も一緒に旅をさせてもらってました。

荒川岳の稜線ではその景色と天空の道に胸躍り
聖を越えて茶臼までの道では
独りでこのコースを歩くその精神力の高さに敬服し
光岳で前世紀の遺物を探させるS子先輩に
S子何様だよ。。。と心の中で毒づいてみたりw
茶臼小屋でのおでんとビールに
やっぱり心の中で、おつかれさま乾杯、とつぶやきながら。
でも、簡単にではなかったかもしれないけど
あずわささんが歩き通せることくらいは
今までどんな山へ行くのも漫然とは歩かない、
歩くことで必ず何かを自分に課している
その姿勢を見ていれば当たり前すぎるくらいのことでしたね。


願わくば自分の足で
もう一度このコースを歩いてみたい。
山を本格的に再開してからそんなことを思ってみたりもしたけど
実際問題となるとほぼ不可能に近いこと。
叶わぬことと思っていたけど
こうして追体験させてもらえて全部読み終えると
やっぱり鼻の奥がツンとして
それを深く深く息を吸ってやり過ごしたことはここだけの話です。
…と、S子先輩が言ってました^ ^

行きたい、でも現実的に考えて行けないよなってずっと思ってた山域に、ようやく行くことができました。
諦めず、でも焦らず、行きたい気持ちを持ち続けていれば、きっといつか行くこと叶うと思います。
簡単にさらっと行けないのが、またまた魅力を増しますよね。

S子先輩には常日頃から感謝しております。
今回も、S子先輩の強引で執拗な命令がなければ、光岳まで行かなかったことでしょう。
行ってよかったと思っています。
挑む気持ちとやり切る力を与えていただき感謝しております...とS子先輩にお伝えくださいませませ。

強引で執拗でしたかしら・・・
さすがにアタシでもそう言われると凹むわぁw

あはは、ごめんなさい。全くそんなことないですから。

盛り過ぎと言われたり、もう少し言葉を選べと言われたり、まあその、いつも自分でもこれちょっとまずいだろって思いながら書いてますから笑

まだまだ全然大丈夫なので、もっともっと厳しくしていただいてOKでございますです。

今回はほんと、先輩のおかげで光岳まで行けたなって、感謝してますよ!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九月の五日間 〜 その5:

« 九月の五日間 〜 その4 | トップページ | 鍋っこ遠足&山頂デザート @燧ヶ岳 »