Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 武田勝頼 | トップページ | ブログ移転のお知らせ »

高尾 de 忘年会

「あさかわへ連れていきなさい!」とS子先輩。

来ました…。先輩命令です…。

あさかわというのは高尾にある登山者御用達の居酒屋で、居心地の良さと昭和な雰囲気で、なんとなく落ち着くお店です。
そのあさかわも駅前の再開発により、今年いっぱいで閉店ともいわれています。

「じゃあ、忘年会はあさかわで」

忘年会するだけなら、山に登らなくてもいいですよね? 平日でも?

「ダメ。登ってからじゃなきゃダメ」

先輩命令は注文が多いです。

しかし土日のあさかわは混んでます。開店直後じゃないと確実には入れません。そこから逆算して、バスや電車の時間も調べなくちゃなりません。忘年会の前には温泉に連れていけとの追加命令も下りました。それでさらに高尾へ下山となると、登るところを探すのが難しいです。

「じゃあ、ルートはよろしく」

出ました…。丸投げです…。

Img_8493

あれこれあれこれの注文を取り入れつつ、いくつかご提案した中から、早朝に高尾山口に集合して、南高尾をぐるっと歩いて昼過ぎには下山。そして温泉からのあさかわという予定になりました。

今回は、いつものS子先輩に加えてK美先輩もご参加です。

K美先輩は毎回の山行にいつも行く行く行くと言いつつも、いつも山へ行けない呪いをかけられたかのように、のっぴきならない事情が発生して不参加となっており、すっかりオオカミ少年…いや、少年じゃありませんね…オオカミ少女…いや、それはさすがにちょっと……えーっとえーっと、すっかりオオカミお姉さんです…。

早朝の高尾山口駅には、S子先輩とともに、オオカミお姉さんもいらっしゃっていました。

わたくしは高尾山から徒歩三時間という近距離に住んでるのでいいですが、お二人はずいぶん遠方からのご参加です。
朝まだ暗いうちから電車に乗って、二回の乗り換えをして二時間かけて来たのです。高尾くんだりまで…。酒飲みに…。どんだけ飲みたい人たちなのでしょう…。

というわけで、屈強な岳人S子先輩(血液型B型)と、ドSな岳人K美先輩(同じくB型)と、責任感が強くて繊細で几帳面なわたくし(血液型A型)の三人で出発です。

厳しい一日になりそうです…。

Img_8491

民家の間の路地を抜けて登り坂をずんずん登っていくと、しばらくして尾根道に出ました。ここから草戸峠を通って、まずは草戸山を目指します。

歩いてる間ずっと、K美先輩の厳しい尋問を受け続けます。

「毎週山に行ってるの?」

まあ、だいたいそうですね。

「うらやましいなー」

他にすることがないもので…。

「さみしいねー」

……。否定できません…。

Img_8495

草戸山では「伐採中注意」の看板を取り囲んで大騒ぎ。看板の書体やらなんやらに、K美先輩のツッコミとS子先輩のボケとでたいへんです。
「伐採中注意」の看板でここまで盛り上がれる人たちもなかなかいないでしょう。

そこへたまたま現れた単独の男性は、われわれと目を合わせないようにして、そそくさと立ち去って行きました…。

Img_8498

看板で大盛り上がりした勢いのまま、さらに先へ進みます。
あいかわらずK美先輩の厳しい取り調べを受けながらの縦走です。

「買い物に行って欲しいものが見つからなかったらどうするの?」

自分で探しますよ。人に話しかけるのはめんどくさいですから。

「それでも見つからなかったら?」

あきらめます。

「そこまでー」

無駄にしゃべらない男ですからね。
無口なことでは、高倉健かあずわさかって言われています。

Img_8500

単調な尾根道を賑やかに歩いていきます。

ぽつりぽつりとすれ違った他の登山者やトレランの人たちには、われわれの姿が見えないうちから、大きな笑い声が聞こえてたことでしょう…。

Img_8514

しばらく歩くと、登山道のわきに強引にベンチが作り付けられた展望所に着きました。

目の前は展望が開けています。といっても見えるのは津久井です。

Img_8516

ここでS子先輩持参の山頂フルーツをいただきました。

K美先輩の大好物のイチゴに、わたくしの大好物だけど皮がむけないからひとりで食べられない柿です。

Img_8512

「柿はビタミンCが豊富だから。飲む前に食べとかないと!」とS子先輩。

さすが。いや、どんだけ飲むつもりなのでしょう…。

食事は軽めにすませておきます。なんといっても下山後がメインですからね。
K美先輩持参のどら焼きを三つにちぎって各人がいただいたら、再び出発です。

Img_8521

中沢山に登り中沢峠から下山します。
あまり歩かれてなさそうな山道を少し下ると林道に出ました。

ひと気のない集落を抜け、そこだけ江戸時代なうかい鳥山を横目で見て、高尾へもどりました。

Img_8530

たいしてかいてない汗を温泉で流したら、いよいよ忘年会に突入です。

あさかわに向かって歩いていると、前方から吉瀬美智子似の美人がこちらへやってきます。K女史ご登場です。

K女史は、前日の昼から忘年会があり、夜にも別口の忘年会があり、さすがに翌朝から山に登るのも…ということで、忘年会のみの参加です。わざわざ東京の東の端っこから西の果てまで来ていただきました。忘年会のために。
しかし二日で三回の忘年会とは、どんだけ忘年会好きなのでしょうか。それとも、忘れたいことがたくさんある年なのかもしれません。

こうしてついに神様仏様女王様の勢揃いとなりました。

20151219_19_36_58

午後二時の開店直後に訪れたにもかかわらず、テーブルも座敷もすでにいっぱいで、カウンターの隅になんとか座ってすぐに満席、三時過ぎには店内全員出来上がってるという…。

なんという店でしょうか。あさかわ恐るべし…。

その後も飽きずに大盛り上がりし、ラストオーダー近くまで、六時間半も飲み続けてしまいました。

行動時間五時間だったのに…。

 
 

« 武田勝頼 | トップページ | ブログ移転のお知らせ »

① 奥多摩・高尾・奥武蔵」カテゴリの記事

コメント

出た…。S子先輩の命令口調。
連れていきなさい!ってどんだけ頭ごなしなんでしょうか、今回も…。
しかも今回はK美先輩の厳しい尋問まで…。
繊細で、柿の皮も一人でむけない
あずわささんの心が折れてしまわないか
心配で心配でなりません。

どこかの山でザックにぼのぼのをつけた
S子先輩に出会ったら
あずわささんをいじめるなー!と
ケリでも入れておこうかと思いましたが
相手が神様では勝ち目はありませんね…。
しかもK美先輩と一緒だったりしたら
神様に女王様ではたちうちできません(笑)

ので、理不尽な…と思うことも多々あるかとも思いますが
S子先輩の仕打ちに身を削って耐えてくださいね。
応援してますから^ ^

S子先輩には、日ごろからたいへんお世話になっております。
上から目線の命令口調と厳しい指導…なんてことは全くなく、いつもお優しくしていただいてます。
S子先輩の気品溢れる立居振舞は、わたくしの拙い文章からもきっと感じられるかと思います。
なので、けっして蹴っ飛ばしたりせず、いつもお世話になってますと頭を下げておいてくださいね。

忘年会好きな、吉瀬さんに髪型だけ似ているK女史です…

忘れたいこともそれなりにありますが、引き算したら
azuwasaさんやS子先輩、今回はご一緒できなかったけど
K美先輩ともお友達になれたし、いろんなお山を一緒に歩かせていただけて
とっても幸せな1年でしたよ^^


来年はどんなお山に行けるかな〜。もっと体力をつけて
みなさんについていけるようにがんばりますね!

追伸☆ S子先輩は「あさかわに連れてって」とかわいくお願いしてました。
     命令なんてとんでもないですよ〜。
     もう〜azuwasaさんたら照れ屋さんなんだから(^^♪

11月から12月にかけて、4週間のうち3回もだれかといっしょに山を歩くなんて、以前の寂しい生活では考えられませんでしたが、全く気にならないのは、ひとえにみなさまのお人柄によるところだと思います。
こんないけ好かないダメ人間のわたくしですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

S子先輩は神様なので、神様は命令口調ということで…。
これはキャラ設定であり、実際は人に命令することなどない、おしとやかな女性であることを、ここに言い訳しておきます。

ご機嫌ようあずわささん

遅いなぁ…まだアップされないのかなぁ
と、しまちゃんの鷹ノ巣山の記事に貼ってあるリンクをもとに
覗きにきてた訳ですが
あのリンクが鷹ノ巣山の記事のリンクだってことに先程気づいた次第です。

ところで…記事を読んで思ったんですが
あずわささんはドMな訳ですね?
神様の命令、仏様からの指示
それが何よりも心地よいと書いてある気がしました。
ほぉ…なるほど。


何度も誘って頂いておきながら
今回が初めてでしたが
今後の山行にご一緒させて頂けるのが楽しみです。
(´・∀・`)フッ

ステキなChristmasを過ごしたazuwasa様へ
それではご機嫌よう…☆

うっ... やだ... なんか怖い...。
次に会ったらめちゃめちゃイジメられそう...。
わたくしMではありませんので、イジメられたり叩かれたり罵られたりして喜んだりしませんです...。

今回の山歩きもなかなかの小ネタ満載で、あさかわではウワサの飲んで寝る姿も拝見でき大満足でした。
来年はさらなる大ネタを期待してます。ネタの女王の真骨頂を拝見したいものです。

壁と語らうクリスマスが終わり、まもなく壁と語らうお正月を迎えるあずわさより。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高尾 de 忘年会:

« 武田勝頼 | トップページ | ブログ移転のお知らせ »