Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月の10件の記事

陽の光この身に浴びて輝く日 疑う余地もないほどの愛

なんだか空が明るくなってきた。

ガスに巻かれて真っ白だったので、テントを張って早々に、展望は諦めて夕飯のしたくをしてたのだが、慌てて見晴らしのいい場所へ行ってみる。

薄いピンクに色づいた空の下、槍から穂高へと続く稜線。
まるですぐそこにあるみたいで、手を伸ばせば触れられそう。

信じて来てよかったな。

Img_3346

続きを読む "陽の光この身に浴びて輝く日 疑う余地もないほどの愛" »

この道をどこまで行けば辿り着くのか 青空にひと筋ヒコーキ雲

整備されて歩きやすい登山道を登っていく。
周囲は木々が茂っていて、展望はほとんどない。

なんだかもやもやした気分なのは、登山道が少々退屈なせいだけではない。

もやもや…ちょっと違うな。
なんというか、もっとこう、もどかしいような切ないような…そんな気持ち。

Img_3010

続きを読む "この道をどこまで行けば辿り着くのか 青空にひと筋ヒコーキ雲" »

Oh!Oh!Oh!Ohhh!! SHIMONITA!!

ひさしぶりに来た下仁田。

夕飯にはまだ早い時間なので、店が開くまで街をぶらぶら歩く。

Img_2959

続きを読む "Oh!Oh!Oh!Ohhh!! SHIMONITA!!" »

日本名山図会

旅と山を愛した江戸の画人谷文晁が、諸国を廻って描いた山の絵を集めた画集、それが日本名山図会です。

諸国の名山を集めるという発想は文晁のオリジナルで、深田久弥の日本百名山の元ネタになったと言われています。

この画集は、発売されるとたちまちベストセラーとなりました。江戸の人たちは、自ら目にすることのない各地の名山の絵を、浮世絵を愛でるように楽しんだようです。

Img_3741

続きを読む "日本名山図会" »

登山のルール

クサリを握る手に力が入る。

いつもはふざけてなめた山登りばかりしているが、さすがにここは慎重に行かないと。

両側が切れ落ちた岩稜を進む。万が一にも足を滑らせたら、あとは握ってるクサリが全てだ。手を離してしまえば、何百メートルも墜落してしまう。

汗が噴き出す。この汗はただ暑いからだけではないだろう。イヤな汗だ。

Img_2779

続きを読む "登山のルール" »

FUCKIN’ 恋人の聖地

どこまで運転すれば辿り着くのだろうと少々不安になりながら、山肌をうねるように付けられた舗装路をずっと登っていく。ゴルフ場を通り過ぎても、まだ先へと道は続いている。

麓からずいぶん走って、ようやく登りきったところが白鳥山森林公園の駐車場だった。ここはもう山頂のほんとにすぐ下である。

Img_2672

続きを読む "FUCKIN’ 恋人の聖地" »

無間地獄

思わず無言になってしまう...そんな急登を三時間登り続け、ようやく最初のピーク、P4に到着した。

ここからP3、P2、P1、さらに小無間、唐松谷ノ頭、中無間と全部で7つのピークを越えて、ようやく大無間山の山頂に至る。

Img_2548

続きを読む "無間地獄" »

ひとりの山は深い

だれにも会わない山は楽しい。道が適度に荒れていると、さらに楽しい。道がなかったら、それもそれで楽しいけど、それはちょっと別の楽しみになるから、適度に荒れてるくらいがちょうどいい。

連休最終日の混雑を避け、遊び過ぎて疲れた体と相談し、適度に楽しめて適度な距離のところということで、笹子峠から達沢山まで行くことにした。
おそらくほとんど人に会わないだろう。道も整備されすぎてないはずだ。

Img_2409

続きを読む "ひとりの山は深い" »

山頂すき焼き&山頂デザート @百蔵山

「Sちゃんの誕生日って来月じゃなかったっけ?」

 あっ、そうだ。忘れてた...。来月の、それも前半ですよ...。

S子先輩の誕生日はわたくしとちょうど一ヶ月違いなのでよく覚えています。正確に言うと◯年と一ヶ月違いですが。

「えー、もうすぐじゃない。なにか考えないと〜」

というわけでバタバタと計画し、K女史はお昼ごはんにすき焼きを、わたくしはデザートのケーキを用意することになりました。行き先はなんだかんだと意見が出ましたが、扇山から百蔵山と決まりました。

Img_2321

続きを読む "山頂すき焼き&山頂デザート @百蔵山" »

この星の命の時間

緑が目にしみる。

明るい日の光に照らされて、新緑が輝いている。
キラキラ輝く光の粒が降りそそぐ。

なんとも、なんとも軽やか日だ。

Img_2259

続きを読む "この星の命の時間" »

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »