Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 陽の光この身に浴びて輝く日 疑う余地もないほどの愛 | トップページ | 山では、ただ山のことだけで心をいっぱいにしていたい »

御嶽教の山

登山道わきの石碑の文字を何気なく見ると「武尊山十一面観世音菩薩」と読めました。

武尊山? あの武尊山のことでしょうか?

Img_3547

その先の掘っ立て小屋のような祠には「八海山堤頭羅吒神王堂」とありました。

八海山? あの八海山でしょうか?

祠の引き戸をそっと開けると、中には簡素な祭壇が設えられていました。修行者の修行の場なのでしょう。

Img_3553

そういえば、登り始めてまもなくの石碑には「御嶽山…」とありました。

ここまでいくつかの祠や石碑を通り過ぎてきましたが、もっとちゃんと読んでおけばよかったな。

Img_3538

御嶽山、八海山、武尊山… 登山口のお堂は「三笠山普寛堂」でした。

御嶽山を開山した普寛上人が武尊山、八海山、秩父御嶽山とともに開いた霊山が、この諏訪山であり、御嶽山、八海山とともに重要な三神のひとつに数えられています。

登山道沿いの祠や石碑は丁寧に整備されていて、御嶽教の人々にとってはいまでも生きた聖地のようです。

Img_3522

修行のイメージとはかけ離れて穏やかな樹林帯の登山道を進んでいくと、やがて岩がちな修験の山へと変わっていきます。

岩のヤセ尾根を越えると、目の前に三笠山。

Img_3608

三笠山というのは、その先の諏訪山に行く手前のピークです。木々に囲まれた諏訪山とは異なり、独立峰の趣のある岩峰です。

山頂には祠があり、周りの山々を見渡しています。

Img_3623

三笠山から先へ、険しい山道を下り、樹林帯の登山道を登ると諏訪山です。

信仰がいまに息づく不思議な山でした。

 
 

« 陽の光この身に浴びて輝く日 疑う余地もないほどの愛 | トップページ | 山では、ただ山のことだけで心をいっぱいにしていたい »

⑧ 上信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038344/66363866

この記事へのトラックバック一覧です: 御嶽教の山:

« 陽の光この身に浴びて輝く日 疑う余地もないほどの愛 | トップページ | 山では、ただ山のことだけで心をいっぱいにしていたい »