Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月の7件の記事

雨の休日は下道でドライブ

日は沈み、薄暗くなりかけた午後5時30分、ようやく海に着いた。

ここは岩瀬海岸というらしい。

自宅から甲州街道を西へ 向かい、塩尻からは北アルプス方面へと進路を変え、沢渡も平湯も新穂高温泉も素通りして北へ進み、10時間かけてようやくたどり着いた。途中の諏訪でハルピンラーメンを食べた以外は、全く休憩もしていない。おかげで暗くなる前に、なんとか到着することができた。

Img_6992

続きを読む "雨の休日は下道でドライブ" »

黒川鶏冠山の謎

飲み会の翌朝。なんだかまだ酔ってるような気分の中、ゆっくり起きて仕度して、珍しく高速を使ったら事故渋滞に巻き込まれ、登山口に着いたのは午前11時でした。

まあ、こんな時間からでもさらっと登れるからという理由で黒川鶏冠山にしておいたのでした。柳沢峠からならたいした時間もかかりませんからね。ほんとは金山跡に行ったり、大菩薩嶺まで縦走したりしたいのですが、欲張らないようにしておきます。

登山道はびっくりするくらいの完全整備で、あっという間に黒川山の標柱があるところまで来てしまいました。

が、しかし、ここは山頂なのでしょうか。どう見てもただの分岐点です。標柱も山頂標柱というよりは、ただの導標にしか見えません。それに、標柱の後ろはちょっとしたピークになっていて、明らかにそっちの方が標高が高いです。

Img_6932

続きを読む "黒川鶏冠山の謎" »

お腹いっぱいの山行 - 妙高山・火打山

なんだか体が重い。

足が上がらない。

前を歩くK女史との距離が、どんどん開いていく。

早朝は青く晴れていた空も、いまではどんより曇っていて、気分も上がらない。

背中の荷物がやたらと重く、肩と腰にずっしり堪える。

もうだめ。ギブ。ちょっと寝ます。

Img_6752

続きを読む "お腹いっぱいの山行 - 妙高山・火打山" »

百名山の憂鬱 - 那須岳

なんとなくぶらっと那須まで来た。

なんとなくぶらっと適当に来たので、あまり早い時間の到着ではない。なので普段着のみなさんに紛れてロープウェイで上がる。

天気はどんより曇り空、紅葉にもまだちょっと早いにもかかわらず、たくさんの人が歩いていた。ロープウェイ駅から気楽に山頂まで行けるので、気楽に来てる人が多い。登山スタイルは少々浮き気味だ。

Img_6641

続きを読む "百名山の憂鬱 - 那須岳" »

日本のアリゾナ

見えた。あれだ。あれが鹿岳だ。かっこいいじゃないか。

鹿岳…名前だけは知っていたが、有名山とは違って写真で見たこともなかった。初めて見るその姿は、なんだかアリゾナ州あたりの岩峰のようでもあった。

Img_6540

続きを読む "日本のアリゾナ" »

湯立人鉱泉

梓川の岸辺の畑の中にひっそり佇む一軒家。

なんの変哲もない普通の民家で、知らなければここが風呂屋だとは思わないでしょう。

なんの看板も出ておらず、目印は玄関先に掲げられた小さな「営業中」の札のみです。

Img_2398

続きを読む "湯立人鉱泉" »

雨と肉と低山

「ドラえもんと同じだから」

何度もそう聞かされてたので覚えてましたとも、K女史の誕生日を。

で、今年はドラえもん(とK女史)の誕生日が土曜日だったので、いっしょに山へ行くことになってたのですが、あいにくその日はわたくしが仕事になってしまいました。

が、「次の日でもよい」というありがたいお言葉により、ドラえもん(とK女史)の誕生日翌日に、とりあえずどこか山に登って御生誕祭を祝うこととなりました。

いちおう誕生日なので、行きたい山の希望を聞いてみます。

「高尾山でビアマウント、それから立川で誕生日プレゼントの買い物して…」

却下です。てか、それ山じゃないでしょう…。

「えー、だってビアマウント行ったことないし〜」

ダメです。却下です。そういうことじゃありません。高尾山は山ではなく寺です。それにK女史に昼から飲ませたら危険すぎます。酔っ払ったK女史とプレゼントの買い物なんて自殺行為です。

行き先は一任していただき、どうせ天気も良くなさそうだからそのへんの低山でということにして、適当に九鬼山から登ったことのない御前山へと決めました。歩いてみたいけど、中途半端に距離が短いので後回しになっていたルートです。はい、K女史の誕生日は関係ありません。まあ、どこでもいいと言っていたので、どこでもいいのです。

Img_6424

続きを読む "雨と肉と低山" »

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »