Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

« 深南部の三日間 - day1 前編 | トップページ | 深南部の三日間 - day2&3 »

深南部の三日間 - day1 後編

笹原が続く。気分のいい稜線だ。

深南部の山々に囲まれて歩く。雪を戴く南アルプスの高峰も見える。

Img_3407

気分はいいが楽ではない。それなりのアップダウンをくり返していく。距離も長い。時間がどんどん過ぎていく。

ヘリポートで給水。縦走路を外れ、斜面を降りていくと水場があった。

Img_3393

正直、もうここで泊まりたいくらい疲れていた。しかし初日がここだと、三日で下山するのがいっぱいいっぱいになる。暗くなるまでにはまだ時間があるので、先へ進んでおくことにする。

足元に生えていた笹が、膝くらいになり、さらには腰の高さになってきた。道はあるようでない。笹薮を突っ切って進む。

Img_3418

笹原から樹林帯に入った。明るい稜線から、針葉樹の薄暗い森へ。それまでの平坦な道が、山らしい登りになった。笹の藪は途切れることない。笹薮の斜面を登っていく。傾斜はどんどん急になり、笹の高さはどんどん高くなっていく。

ついには、まっすぐ立っていられないほどの急斜面になった。笹は背丈より高く伸びている。足元は湿った土でよく滑る。笹薮に埋もれ、笹をつかんでかろうじて立っている。この状態で登っていかねばならない。あまりの急な登りに堪らずトラバース気味に進むと、山頂方向を外れてしまう。どうやら、この笹薮を直登していかねばならないようだ。

現在地点の標高を確認した。1830m。まだあと230mほど高度を上げなければならない。笹を掴んで体を持ち上げながら。

とにかく滑るから、掴んだ笹は離せない。一歩登って半歩滑り落ちる。笹を握る手に力が入る。時刻は16時半を過ぎている。この調子で遅々として登っていくと、山頂到着は何時になるのだろう。

急登も笹薮も容赦ない。ただ黙々と目の前の一歩を登るしかない。先を案じても意味がない。いまこの一歩をくり返していくしかない。

どれくらいの時間が経っただろう。傾斜が緩やかになったなと感じたら、黒法師岳の山頂に着いた。

Img_3430

今日はここまででいい。できれば黒バラ平まで行きたかったが、もう時間切れだ。こうなることを見越して、水は確保してある。

山頂標識の周りだけ笹がなく露地になっていた。ビバーク用テントをそこへ張る。

ふと見上げると、西の空が赤く染まっていた。笹薮をかき分け、見晴らしの良いところまで行く。

赤い太陽が山の向こうへ沈んでいくのをじっと眺めていた。

テントへ戻ろうと振り返ると、東の空には満月が輝いていた。

Img_3477

長かった一日が終わろうとしている。

 
 

« 深南部の三日間 - day1 前編 | トップページ | 深南部の三日間 - day2&3 »

⑤ 南アルプス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1038344/73983132

この記事へのトラックバック一覧です: 深南部の三日間 - day1 後編:

« 深南部の三日間 - day1 前編 | トップページ | 深南部の三日間 - day2&3 »