Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

カテゴリー「32 広島県」の7件の記事

夜の原爆ドーム

 広島市内で夜を迎えたため、ライトアップされている原爆ドームを見に行く。

Img_1952

 いくつもの条件が重なって、爆心地近くでは奇跡的に崩壊しなかった建築物である。当時内部にいた方々は全て即死だったそうである。

 世界遺産に登録され、今後、取り壊し等の議論が出ることは無いだろうが、この建物をこの状態で保存していくことは困難になるかもしれない。

 
 

造り酒屋の町

 広島県東広島市の西条、かつては山陽道の宿場町として発達した。しかし都市化の波に飲まれ、宿場町としての面影は消えてしまった。

 西条は灘、伏見と並ぶ日本三大酒どころであり、西条駅周辺には八つの醸造場が現役で操業している。このうちの六つは一ヶ所にかたまって在り、酒蔵の町並みを形成している。

Img_1918

 この一角だけが開発から逃れ、江戸期の面影を残している。

Img_1905

 表通りは旧山陽道である。

Img_1923

 裏通りに入ると、白壁と酒蔵の細い路地が続く。

Img_1914

 いまとなっては貴重な町並みであり、観光資源としても活用され始めている。今後この酒蔵の町並みが、開発され消えるようなことは無いであろう。

 
 

重く深い塩の町

 製塩業で栄えた竹原、いまも江戸時代の町並みが残る。

Img_1890

 もとは水田として干拓されたが、海辺の土地であるため塩分濃度が高く、やむを得ず塩田にしたのが、竹原での塩作りの始まりである。

Img_1874

 その後、竹原の塩は、瀬戸内では赤穂の塩と並ぶ特産品に育ち、莫大な富を竹原の町にもたらした。

Img_1871

 今に残る江戸期の町並みは塩と、もうひとつの特産品であった酒によって築きあげられたのである。

Img_1879

 決して華美ではないが、細部にまで優れた意匠がほどこされている。

Img_1851

 黒、白、灰色、藍色を基本とした町並みは重厚であり、曇天の日には、深く重く哀愁を漂わせる。

Img_1882

 製塩業は昭和30年代には衰退した。その後の高度経済成長期には、この塩田を埋め立てることで市街地を拡大してきた。そのため古い町並みは開発圧力を逃れ、その姿を今に残すこととなったのである。

 
 

小さな港町

 広島県竹原市の忠海へ。

 近隣の人でもない限り、あまり知る人のない町である。ある本でこの町の煙草屋の写真を見て訪れてみたくなったのである。

Img_1818

 中心街には古い町並みが残っていた。

Img_1809

 お目当ての煙草屋は特に探さなくてもすぐに見つかった。それくらい小さな町である。

Img_1831

 瀬戸内の海辺の町であり、小さな港もある。

 
 

尾道ラーメン

 尾道ラーメンといえば、全国に数多ある御当地ラーメンの中でも、比較的その名が知られているラーメンである。しかし、尾道ラーメンとはどんなラーメンかというと、話が少々複雑になってくる。

 尾道のラーメンが全国的に有名になるよりもずっと前、戦後まもない頃から営業を続けてきた老舗が数店舗ある。当時は「尾道ラーメン」などという呼称は無く、ただ単に「中華そば」と呼ばれていた。それらの店は長らく地元客を相手に商売してきたのだが、大林宣彦映画の影響などで尾道を訪れる観光客が増えると、老舗のラーメン店も人気が出てくる。

 これに目をつけた目端の利く人物が、「尾道ラーメン」というネーミングで全国展開を始める。地域ブランドの確立など、さほど盛んでもなかった時代である。先見の明があったと言わざるを得ない。ほどなくして尾道ラーメンは全国的に認知されるブランドへと育つ。

 全国展開を始めるにあたって、尾道ラーメンとはどんなラーメンかを定義したらしい。しかしここで問題なのは、先の目端の利く人物が、老舗ラーメン店の経営者ではなかったことである。その結果、全国的に知られる尾道ラーメンと尾道の老舗の中華そばは厳密に言えば別物になってしまったのだ。老舗の多くは「尾道ラーメン」という呼び名を使わず、かたくなに「中華そば」としつづけているらしいが、その気持ちはよくわかる。

 さて、こんな場合どちらを食べるべきか。ラーメンマニアは両方かもしれないが、私はマニアではないし、ラーメン二杯はおいしく食べられないうえに健康に悪い。通常は老舗へ向かうのだが、行列に並ぶのは辛いので、駅前で目立つラーメン店に入ることにした。大々的に尾道ラーメンを掲げている店である。

Img_0050

 いろいろと食べ比べずに書くのは気が引けるのだが、老舗も後発もさして大きく違わないのではないだろうかと思う。大まかに言えば醤油味のあっさりラーメンである。都会の気合の入ったあっさり系のラーメンではなく、素朴な味である。

 豚の背油が入っているのが尾道ラーメンの特徴のひとつなのだが、スープがあまり熱くないので、背油が溶けずにコリコリしていた。失敗なのか、わざとそうしているのか、他の店も同様なのか、東京の背油入りラーメンを食べなれている身には非常に疑問であった。

 
 

坂の町

 尾道は坂の町である。

Img_1736

 険しい断崖にへばりつくようにして町並みが形成されている。

Img_1788

 お年寄りには困難なくらい険しい坂道を登らなければならない。

Img_1747

 集落内の路地も狭く、私有地かどうか区別のつかないところもある。

Img_1746

 お寺の中が普通に通路として使われていたりもする。

Img_1758

 家屋は昭和の建築が多いようだが、路地の雰囲気は昔のままである。

Img_1780

 断崖の集落の前には平地が広がるが、こちらは埋め立てでできた土地だろう。

Img_1794

 こちらも昭和の香りのする町並みである。

 
 

奇跡の港町

 瀬戸内海のほぼ中央に位置する鞆の浦、古来より鞆は潮待ちの港として発展してきた。

Img_1717

 鞆を境にして潮の流れが変わるため、瀬戸内海沿岸を行く船は鞆の港に立ち寄って潮目が変わるのを待たなければいけなかった。

Img_1689

 そのため歴史上の人物も多く鞆に立ち寄っている。大伴旅人、足利尊氏、坂本竜馬、三条実美、歴史に名を残す人物たちが、この地に降り、現在と変わらぬ風景を眼にしていたのである。

Img_1670

 江戸時代には朝鮮通信使も鞆に立ち寄った。彼らが「日東第一形勝」と褒め称えた福禅寺対潮楼からの眺めも、当時と大きく変わることはない。ただし、当時の対潮楼は海に突き出た岸壁上にあり、眼下には波が打ち付けていたのだが、現代では埋め立てられ、県道とフェリーの発着所が作られている。

Img_1725

 沿岸航海から沖乗りが主流になると、鞆で潮待ちする必要は無くなり、沼隈半島の先端部という海が交通の主流であった時代には有利な条件も、陸上輸送が主流になると、鉄道や主要道路から大きく外れた地となってしまった。

Img_1710

 そのため大規模に開発されることも無く、鞆には江戸時代から変わらぬ町並みや港湾施設が奇跡的に保全されているのだ。

Img_1735

 半島を周遊する道路は東側も西側も、半島先端部の鞆で行き止まってしまう。いまさらに町並みをつぶして道路を通すことはできないので、港の一部を埋め立てて橋を掛ける計画がある。

Img_1696

 橋の建設計画が決定したとき、万葉の時代からつづく奇跡の港町の景観も大きく様変わりしてしまうのだろうか。

 
 

その他のカテゴリー

01 北海道 02 青森県 03 岩手県 04 秋田県 05 宮城県 06 山形県 07 福島県 08 茨城県 09 栃木県 10 群馬県 11 埼玉県 12 東京都 13 千葉県 14 神奈川県 15 新潟県 16 長野県 17 山梨県 18 静岡県 19 愛知県 20 岐阜県 21 三重県 22 富山県 23 石川県 24 福井県 25 滋賀県 26 京都府 27 奈良県 28 大阪府 29 和歌山県 30 兵庫県 31 岡山県 32 広島県 33 鳥取県 34 島根県 35 山口県 36 香川県 37 徳島県 38 愛媛県 39 高知県 40 福岡県 41 佐賀県 42 長崎県 43 大分県 44 熊本県 45 宮崎県 46 鹿児島県 47 沖縄県 A. 城下町・陣屋町 B. 宿場町・街道町 C. 商人町・在郷町 D. 産業町・鉱山町 E. 門前町・寺内町 F. 港町・漁師町 G. 農村・山村 H. 温泉町・観光町 I. 城跡 J. 神社・仏閣・宗教施設 K. 古民家・邸宅 L. 木造校舎・木造洋館 M. 祭り N. 中華街 O. 現代都市 P. 廃墟 Q.遊廓・茶屋街・繁華街 R. その他の町並み TREK 8.4DS ① 奥多摩・高尾・奥武蔵 ② 奥秩父・大菩薩 ③ 富士・御坂・都留・道志 ④ 八ヶ岳 ⑤ 南アルプス ⑥ 北アルプス ⑦ 中央アルプス ⑧ 上信越 ⑨ 北関東・尾瀬 ⑩ 南関東・丹沢 ⑪ 東北・北海道 ⑫ 北陸・東海・近畿 ⑬ 中国・四国・九州 ⑭ 登山 その他 カメラ・写真 ダホン Speed P8 フィガロ フェレット レトロ喫茶 夕景・朝景 夜景 富士山 日常 東日本大震災 生き物 風景